和菓子屋千寿堂繁盛記 恋は甘い菓子のように

作者 武州青嵐(さくら青嵐)

家族は社会の最小単位といいますが、その社会格差と甘い菓子(甘やかし?)

  • ★★ Very Good!!

 生まれる社会は選べなくて、そこが閉ざされていたなら外の社会は知れなくて…
 でも、厄介払いとばかりに嫁に出されたら、新しい社会が形成されるわけで?

 その新しい社会のお相手が、爽やかな美形で(奥さんにだけ)優しかったら?
おまけにもふもふしたしゃべるあやかしも遊びにくるときます。

 でもせっかく新しい社会が開けても、旧社会の禍害が当然の顔して搾取を続けます。
二人(と、もふもふ)はこの社会構造を改革できるのでしょうか?

 …社会の最小単位は個人?その話はややこしくなるので無視です(笑顔)

 最後になりましたが、伊織さん、祝言を挙げるまで頑張って!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 不遇な生い立ちに、恐れ怯えて生きてきたヒロイン、小夏の元に、縁談が届く。見染めたのは和菓子屋を営む若き主人、伊織。礼儀正しく、沈着冷製、そして優しい。

 小夏を庇う時はその背に庇い、護る時は必ず… 続きを読む

白兎黒烏 【しろー・Crow】さんの他のおすすめレビュー 1,910