グッドバイ・ブンゴー、サマー・エンジン

作者 木古おうみ

凄い名文を見た。絶対読んだ方がいい。

  • ★★★ Excellent!!!

まず1行目が凄い。なんだそれは! そんなのSF以外には有り得ないし、この冒頭を見て、続きを読まずに引き返せる人なんかいる筈がないじゃないか。

本来ならグロテスクな素材のはずが、それと感じさせないユーモアと、再生された文豪の魅力に引っ張られながら、最後まで一気に連れていかれてしまった。
まるで、何をされたのか分からないぜ!ってやつだ。

きっと、努めて冷静に振る舞う主人公に感情移入するうち、読者の我々もまた同じように文豪の妖力に囚われてしまっているんだと思う。
私なら、そうだな……。完成の暁には玉川上水に流してあげるかも知れない。今の彼なら水の少ない今の川でも十分流れていけるだろうから。

最後に蛇足とは知りつつも、大庭葉蔵は「人間失格」の主人公の名前ということだけ付け加えておきたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

須藤二村さんの他のおすすめレビュー 643