走光性

作者 aoiaoi

119

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この物語は、大胆な実験作であると思われます。多面的な視点から構成される各話、さらに起承転結をあえて使わずに読み手の想像力をかきたてる手法。これはよほど文章力に構成力が伴わなければ失敗してもおかしくない、そんな物語なのです。では読了してどうであったのか。実験は大成功であったと申し上げたいのです。タイトルにある「走行性」を見事に著している今作。高校生を主人公に、正と負の走行性を完璧に描き切っているのです。短編でありながら、読了後に大きく肩で息をはきました。ここまで短編で表現ができるのかと、同じ書き手として嫉妬心を凌駕する満足感にひたっております。エンディングから続編を要望されるかもしれません。でもわたしは単独でこの物語をお薦めしたい。なぜなら、読み手の想像力をいかんなく発揮できるエンディングだからです。読み手は受け手ではありません。書き手の描かれた世界を、さらに発展させる想像力を持って読書するわけですから。今作は自信を持ってレビューさせていただきます。

★★★ Excellent!!!

思春期に経験する光と影の部分が生々しく、
まだ人格が完成されていないからこその苦悩や思いが非常に繊細なタッチで描写されています。そこに向かって行きたい本音と、どこかたじろぐ心。
年齢的に不完全であるからこそ瑞々しく美しく映ります。
とても素敵で胸にキュッとくる物語でした。

★★★ Excellent!!!

正と負の走光性に着目した作品で、ひとつの恋の成就が周りに影響を与えていく群像劇です。

光を追う者もいれば、闇に陥る者、もともと闇にいてさらなる闇に引き込まれていく者。
内容が身近なだけに、背筋を凍らせるものもあります。

ひとつの事象が樹木の枝のように影響を与えていく繋がりを感じました。
面白い物語を読ませてくださりありがとうございました!

★★★ Excellent!!!

とある少年の告白が実る。
初めは、爽やかな青春の一ページのような本作。
しかし、読み進めていくうちに、また違う恋模様が展開される。そして、次も……。
登場人物それぞれに想いがあり、事情がある。別の人物から見たら、また違う恋物語がある。
なんだか万華鏡のような、なぞ解きをしているかのような感覚になる小説です。

★★★ Excellent!!!

ひとつの恋を、口にした。恋が、形になってさらされた。その言葉が、ざわりと周囲を動かしていく。

これは面白い!


告白はひとつの恋を実らせ、その後ろには実らなかった恋、可能性を見出だした恋、黒い思惑と、波紋のように広がっていきます。

心は、光へ向かうのか、闇へ向かうのか。動き出す五人の心。その目指す先。


これからを想像せずにはいられない。大きな物語のプロローグのような作品です。

★★★ Excellent!!!

ひとつの告白から始まる恋を中心とした人間模様を描いた作品です。

青春の様々な側面を、読みやすくすっきりと、それでいて印象的な場面セリフ表現で切り取っている短編で、5つの視点の切り替えが面白く、ラストはタイトルの意味も含めて勢いがあって爽やかです。でも、どこかで非常に危うい。まさに青春ってことでしょうか。

さっぱりと読めるのに、ドロドロした部分も底にある、深みのある作品です。

★★★ Excellent!!!

ある恋により、クラスメイト5人の複雑に絡み合う心。

心に秘めた想い、失恋の悲しみ、激しい嫉妬、葛藤、そして喜び。

頁ごとにそれぞれの視点となっていて、思春期特有の感情の起伏がうまく描かれています。

光に向かう正の走光性。
闇に向かう負の走光性。

正と負。
どちらの走光性に向かうのか……。

青春を駆け抜けるならば、光に向かって走って欲しいですね。

★★★ Excellent!!!

高校生。ひとつの恋が実った。それだけのこと。
けれどそれは本人たちの知らぬところで波紋を拡げ、周囲の気持ちを揺り動かし、各々にある行動を選択させる――
そんな複雑な思春期の心模様を、鮮やかに描いた物語です。

一万に満たない文字数で、五人の少年少女の背景までもしっかり見えてくる手腕がすごいです。切なさあり、笑いあり、不穏さあり。陰にも陽にも敏感に傾く年代のキャラたちにもリアルな説得力があります。

もっと続きが読みたい! と思わせる、引力のある作品。とても読みやすく、純粋に面白いです。ぜひぜひ、ご覧になってみてください!

★★★ Excellent!!!

 高校二年生。あるクラスで、ひとつの恋が実る。それをきっかけに見えてきたクラスメイト五人の心とは――?

 思春期特有の混沌とした気配と、すべてを打ち破るようなエネルギー。ひとつの恋を軸に描かれる五人の苦悩、嫉妬、喜び。それぞれの視点によって、まったく違う景色が見えてくる。

 光へと手を伸ばし、闇へと吸い寄せられる。複雑な心が絡みあう、青春の一場面を切りとった物語。つづきが読みたくなるお話でした。