水に葬る(おくる)夏休み

作者 冴月

静かに、でも確かに繋がれていく物語。

  • ★★★ Excellent!!!

青春という特別な時間を、“あやかし”という不思議要素を入れることで、より特別にしている感じがしました。
“あやかし”が青春の具現化となっている、という捉え方もできるなと読んでて思いました。

別になんてことない青春の時間を鮮やかに描き切っていて、無性に懐かしくなって、恋しくなります。全く自分の青春とは似てないんですけど、どこか似ている気がします。そんな描写力があります。

途中で先生が出てきて、『ん?』って個人的になったんですけど、(多分普通の人は引っかからない)、最後に回収されるので納得ができました。あの先生が出てきた描写は無駄ではなかった。その回収の仕方で、一気にこの作品が好きになりました。魅力はそこにあると思います。静かに繋がれていく感じが好きです。

良かったです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

聖願心理さんの他のおすすめレビュー 508