『獏の見る夢』

作者 夷也荊

この小説は、『読む』のではなく、『読まされる』

  • ★★★ Excellent!!!

うまくレビューを書ける気がしませんが、この作品の素晴らしさ、作者である夷也荊さんの素晴らしさを1人でも多くの人に伝えるために書きたいと思います、とだけ前置きさせてください。

圧倒的な世界観と多様な情報、そして作者の筆力で、この作品は成立していると強く感じます。

誰にも真似できない、独特的な設定とシチュエーションの数々。
物語の最後にある『参考文献』という項目からもわかるように、様々な種類の知識をかなりの数使用。
そして、それらを読者にわかりやすく説明するだけではなく、世界にずるずると読者を引き込む表現力。

素晴らしい技術だと思います。

この作品の題材は、キラキラしたファンタジーや恋愛に比べると地味ですが、物足りなさは全く感じませんでした。むしろ大満足です。
また、題材は正直言って少し難しいです。でも、わからなくなることはなかったです。

派手な展開はあまりないのに続きが気になりながら読んでいました。
展開は全く読めません。どこに着地するのかも全く想像がつきません。

しかし、着実に物語は、前に進んでいる。
作者の丁寧なエスコートによって、小説を読んでいる感覚です。
この小説で『面白い』の新しい形を知りました。


是非、貴方も圧倒的で異質な世界観に触れてみませんか?
読了後には、きっと読書の楽しみが増えているはずです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

聖願心理さんの他のおすすめレビュー 532