海が太陽のきらり

作者 吉岡梅

海がふたりを別つとも。

  • ★★★ Excellent!!!

短編というのは、短い文章でどれだけ読む人に伝えられるか、という難しさがあります。冗長になってはいけないし、短すぎても足りなくなる。
このお話は、その辺りの塩梅が素晴らしい。

海で出会った陽子と海斗。語り部は陽子ですが、この子実は……。

優しく少し不思議な語り口で紡がれるこの物語を、ぜひ体験してみて下さい。
絶対に損はさせませんから!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

薮坂さんの他のおすすめレビュー 308