海が太陽のきらり

作者 吉岡梅

心に深くふかく沈み込んでくるような、優しさと不思議さに満たされた短編

  • ★★★ Excellent!!!

最初の一文から、なんだか不思議です。「海のへそ」って何のことだろうと。けれどそこからさらに、不思議な世界観に引きこまれていきます。
どうやら、語り手は人ではないようで……。そんな語り手は人間の少年と出会います。

これ以上のあらすじを言うのは、無粋でしょう。
「」を廃している文章は、それほどに優しくて描写が素敵です。
童話のような、優しい世界観がとにかく魅力的な優れた短編です。ぜひご一読を。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

同じあらすじを元に様々な作者様が色をつけてご自身の作品として書くという自主企画『筆致は物語を超えるか【海が太陽のきらり】』参加作。
自分の学びのために覗かせていただいた本作ですが、そんな目的をすっか… 続きを読む

泡沫 希生さんの他のおすすめレビュー 367