海が太陽のきらり

吉岡梅

今日からわたしはよーこです

 わたしが海の中で一番好きなのはだと思います。それもすごく。


 へそは広くてほの暗い海の中では珍しく、丸く、平らにくぼんでいます。そこだけは不思議とごつごつとした岩礁いわ珊瑚さんごは見当たらず、柔らかで掘りやすそうな砂の絨毯が敷かれています。岩場の加減か、光がスポットライトのように当たるのも綺麗で、まるであつらえた舞台のようです。


 せつなくなると、へそに行きます。何か落ちてこないかしらん。お日様の光を辿ってにょろりと見上げれば、海はゆらゆらと揺らめき、輝く海面の上には、にょっきりと突き出した蒙句麗もくりがけの影がくっきり見えます。かっこいい。


 海の中はとても静かで、聞こえるのは、こぽり、ぷこりと上がる気泡の音だけ。たまにくらげやお魚が邪魔をしに来ますが、捕まえてかみ砕いてしまえば、せつなさも収まり一石二鳥です。お魚はくらげと違って骨があるので、気を付けてかみ砕くよう教わりました。


 そして再び空を見上げ、しゅっと突き出した崖の影の先に、お日様が突き刺さるように重なり合うまで、のんびり、ゆっくり過ごすのです。


 今日もそうして過ごしていると、急に体がふわりと持ち上げられました。慌てて体をよじってみてもまるで暖簾のれんに腕押し。ぬかに釘。どんどん穴から引っ張り出され、あっというまにおかへと打ち上げられてしまいました。


 なんで。どうして。わたしは目をぱちくりさせます。もしやと思って顔を上げると、もくりほこら要石かなめいしを持ち上げているおとこの人と目が合いました。あの人のせいか。わたしはいっそ噛みついてやろうかと思いましたが、まずは身の安全が大切です。じたばたと地を這って岩場の陰に隠れると、そこから隙間を縫うようにして松林の陰に隠れました。ここまで来れば一安心です。


 そしてそのまま30分ほどじっとして、おんなの人に変じるのを待ちました。陸に打ち上げられた以上、海に還るには次の満月を待つしかありません。それまで無事で過ごせるよう、おんなの人になりきって過ごすのです。


 手足はすんなりと伸び、真っ黒な髪の毛も背中まで届き、誰にも見られずにおんなの人に変じられました。けれど、安心はできません。わたしは慎重に海沿いの家にお邪魔して、干してあるワンピースを拝借しました。ワンピースは少し大きかったけど真っ白です。かわいい。


 ついでに縁側の麦わら帽子も拝借して、祠まで戻ることにしました。あの石があるべき場所に無かったら、みんなも陸に打ち上げられかねません。何としても、元に戻しておかなくてはいけないのです。


 なれない陸になれない足。苦戦しながらなんとかかんとか辿り着き、松の影からこっそり伺うと、おとこの人はもういませんでした。けつまづき、手を突きながら駆け寄ってみると、石はすぐ傍にいます。よくない。


 でも、どこかに捨てられていなくてホッとしました。きっちり元の場所に戻して、一息つきます。これでもう安心です。一仕事終えて、ぺたりと座り込んだわたしは、すぐにでも泳ぎたくなりました。祠の前には、きらきらと光る海。居ても立っても居られずに、麦わら帽子を置いてざぶざぶと海に入って泳ぎ出しました。


 普段と勝手は違いますが、いるかのように足をキックし、波を切り裂いて水を浴びます。きもちいい。少し沖まで行ったら、くるりとUターン。仰向けに寝転ぶと、見慣れたお日様よりも遥かに強い真夏の日差しが目を刺しました。眩しい。だけど、たのしい。


 キャーなんて声を上げて体を反転させて、せっかくなので両手をばしゃばしゃさせて岸へと戻ります。と、その時、目が合ってしまいました。おとこの人と。


 いつのまに戻ってきたのか、さっきのおとこの人が、網を手にして驚いた顔でこちらを見ています。どきりとしましたが、いまのわたしはおんなの人。なんでもないふりをして、陸に上がります。


 裾をぎゅっと絞っていると、おとこの人が声をかけてきました。ねえ、この辺でにょろっとした生き物見なかったかな。さっき見つけて網を持ってきてるうちに見失ったんだけど。わたしが黙って首を振ると、おとこの人はそっかあと言って周りをうろうろしていましたが、すぐにまた、わたしの所へやってきました。


 ねえ、君って地元の子。泳ぎ、すげーね。服のままであんなとか。なんて名前なの。目を合わせず下を向いて、すごく早口で聞いてきます。わたしが名前は無いのと答えると、首をかしげてやっと目を合わせてきました。


 ひょっとしたらまずい事を言ってしまったのかもしれません。ないんだ。という言葉を聞いて、あわてて、もくり。もくりこくり。と言い直しました。わたしの名前ではないけれど、わたしたちの名前です。


 おとこの人はますます首をかしげて、もくりこくり? と繰り返します。わたしが黙って頷くと、何それアカウント名? あ、ひょっとしたら、街の奴とはあまり仲良くするなとか言われて出鱈目でたらめ言ってたりする? と言って、ひとりで笑い出しました。わたしも笑顔を作ってみると、じゃあ、わかった。こっちで勝手に名前を付けて呼ぶから。それでいい? と聞いてきます。


 名前を付ける。わたしはこくりと頷いたものの、どきどきしていました。名前。わたしの名前。わたしたちみんなの名前とはまた別に、わたしの、わたしだけの特別な名前。そんなの初めて。


 じゃあ、ようこ。キラキラの太陽の下で会ったから陽子ね。


 おとこの人は言いました。ようこ。ようこ。ようこ! すてき。わたしが嬉しさを押し隠していると、おとこの人はすっと手を差し出してきました。


 おれは海斗かいと。よろしく。わたしはその手を両手でにぎりました。ようこなの。よろしくね。


 海斗が陽子と呼んだから、今日からわたしは陽子です。海の中に住むもくりこくりの中でも特別に、名前が付いたわたしはよーこなのです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます