海が太陽のきらり

作者 吉岡梅

いわさきちひろの水彩画の世界。絵本にして欲しい。

  • ★★★ Excellent!!!

海から来た陽子はまるで人魚姫のよう。「白いワンピース」でちひろさんの絵が思い浮かびました。優しい筆致の中にも、自然と人との相容れない距離が巧みに描き出され物語に引き込まれます。絵本にして欲しい名作。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

同じあらすじを元に様々な作者様が色をつけてご自身の作品として書くという自主企画『筆致は物語を超えるか【海が太陽のきらり】』参加作。
自分の学びのために覗かせていただいた本作ですが、そんな目的をすっか… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

最初の一文から、なんだか不思議です。「海のへそ」って何のことだろうと。けれどそこからさらに、不思議な世界観に引きこまれていきます。
どうやら、語り手は人ではないようで……。そんな語り手は人間の少年と… 続きを読む

@ReikoAsakuraさんの他のおすすめレビュー 23