黄昏

作者 ふづき詩織

妻を亡くした男の孤独の物語

  • ★★★ Excellent!!!

日常の一部であった妻を失うことの大きさが、静かな日常の描写のなかでなんとも言えない「淋しさ」として表現されています。
「黄昏」をテーマに、生きがいを失ったある男性の1日を描いた作品。
生きるために食べるけれど。。孤りの食事の侘しさが際立ちます。
子供がいても頼ることのできない僅かなプライド、野良猫との遭遇うシーンにも心打たれます。
「家」のつながりが薄れた現代の「ありふれた孤独」の物語。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

@ReikoAsakuraさんの他のおすすめレビュー 26