戦国徒然

作者 麒麟屋郁丸

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全104話

更新

  1. 信長公の元服前までの織田家の本城について
  2. 信長時代の城の主郭(本丸)の建物
  3. 勝幡城とその城下町
  4. 生活
  5. 戦国時代の山は禿山
  6. 戦国の基本姿勢
  7. 戦国時代の座り方、おかわり。
  8. 殿の身の回り
  9. あの人の呼び方(基本大名家)
  10. 武家の息子の教育事情
  11. 戦国時代に体と髪の毛を洗う
  12. 戦国時代で着物を洗う
  13. 戦国のパリピな生活・汁講
  14. 戦国期の風習、風俗
  15. 武将もすなる化粧というふもの
  16. 戦国時代の奴隷①
  17. 戦国時代の奴隷②
  18. 戦国時代のヘアスタイル
  19. 戦国大名、子が出来たで御座る(妊娠編)
  20. 戦国大名、子が出来たでござる(妊娠後期編)
  21. 戦国大名、子が出来たで御座る(出産編)
  22. 戦国大名、子が出来たで御座る(産褥編)
  23. 戦国期の性
  24. 若様の子作り事情
  25. 戦国期の男色についての考察
  26. 戦国期の男色の方法を考察する
  27. 戦国のおっさん⚫ラブ
  28. 戦国大名家でのお仕事
  29. 近習の種類について
  30. 小姓 (2020、5、17、住居に関して追記)
  31. 取次
  32. 戦国大名からの手紙(書札礼)⓵
  33. 戦国大名からの手紙 (書札礼)②
  34. 戦国期の衣
  35. 足軽の生活
  36. 戦国期の下着
  37. 奥様のスタイル
  38. 戦国期の食
  39. 戦国期のお酒(2020 6、5酒名を追加)再掲
  40. 戦国期の住
  41. 戦国大名トイレ事情
  42. 戦国時代の風呂事情
  43. 戦国大名のプライベートゾーン
  44. 戦国大名、寝るでござる
  45. 戦国大名の婚姻
  46. 戦国大名、婚儀でござる
  47. 旗、家紋
  48. 旗・家紋旗
  49. 旗・旗印
  50. 旗・馬印
  51. 合戦で御座る
  52. 鎧武者を乗せ、軍馬は走る
  53. 戦を回避したい大名たち・外交
  54. 戦の準備をするでござる
  55. 戦へ参る①
  56. 戦へ参る② 並んで進むで御座る
  57. 首級を改める①首取ったどー!
  58. 首級を改める② 我が手柄を御目に掛ける!
  59. 首級を改める③葬る人々
  60. 織田家臣団
  61. 戦国大名、家臣の形態。 国衆
  62. 戦国のロミオとジュリエット
  63. 信長公に出仕できるかな? 侍になる!
  64. 人には五郎左 御座候 丹羽五郎左衛門長秀②
  65. 人には五郎左、御座候・丹羽五郎左衛門長秀①
  66. 一長、林新五郎秀貞
  67. 巡礼から織田弾正忠家本城城代へ 埴原植安
  68. 仙石秀久の家紋
  69. 信長公のお気に入り、伊東清蔵長久
  70. 信長公の天下取りを支えた熱田社の歴史
  71. 桶狭間に散った大宮司 千秋四郎季忠 
  72. 信長公の小姓 岩室長門守重休(訂正版
  73. 信長公の連枝衆
  74. 信長公の兄弟・名簿
  75. 信長公の兄弟1 織田三郎五郎信廣
  76. 信長公の兄弟2 織田喜蔵秀俊
  77. 信長公の兄弟4 織田喜六郎秀孝
  78. 桶狭間合戦
  79. 水野家の桶狭間
  80. 松平家の桶狭間①
  81. 松平家の桶狭間②
  82. 織田信長公の桶狭間①
  83. 信長公の桶狭間②
  84. 信長公の桶狭間③ (兵粮に関して訂正、6,18)
  85. 信長公の桶狭間④
  86. 信長公の桶狭間⑤
  87. 今川義元の桶狭間
  88. 本能寺の変
  89. 本能寺の変、光秀を考える(領地編)
  90. 本能寺の変を考える。犯人はだれか①
  91. 本能寺の変を考える、誰が犯人か②様々な可能性
  92. あの人の出自
  93. 秀吉の出自(大政所の血族)
  94. 豊臣藤吉郎秀吉の出自
  95. 秀吉の出自と家康公
  96. 信長公の出自
  97. あの人のうつけ時代
  98. あの人のうつけ時代・甲斐の虎武田信玄
  99. 神なうつけ・軍神上杉謙信
  100. 美意識高い系うつけ、独眼竜政宗
  101. 雑記
  102. 天下分け目の大地震。家康と秀吉
  103. 最期の言葉「是非もなし」の考察
  104. 信長公と11月の桃
  105. 信忠の名前における考察
  106. 人生の終わりに舞を舞う
  107. 乱世の終焉
  108. 信長公と尾形光琳
  109. 父と息子の絆(天王坊の考察)
  110. 母と子の絆(土田御前と信長公)
  111. 殿、嗚呼、我が殿!(戦国期の忠義心)
  112. 信長公の誕生日
  113. 逃亡先は家康公
  114. 備忘録)加藤弥三郎らの出奔理由
  115. 下尾張三奉行と統一事情
  116. 治天の君と相撲
  117. 最新記事置き場
  118. 度々すみません
  119. 信長公の最初の城、那古野城
  120. 燃える寺社のレトリック(比叡山焼討)
  121. 信長公の笑えないうつけ時代
  122. 抹香、なんで投げんねん