三十五年目のラブレター

作者 如月芳美

一つのタイミングの狂いから変わる人生とは。

  • ★★★ Excellent!!!

つくづく人は誰かの人生の一部しか見ていないんだなと思う。
それはまるで額縁に飾られた一枚の絵のように、ほんの一面なんだ。
そんなジグソーパズルのような切れ端から、その人がどんな人かを想像する。
人生の裏側に何が並んでいるのかと。

ミステリーは謎解きばかりではなく、動機の解明に魅力が現れる。
そしてそんな作品は、人物設定が極めてしっかりしているんだな。
私は豪華なソファーに座ってブランデーを舐めながら読んだ。(イメージです)
「ふっ、重厚な作りの作品を仕上げてきた、この作者」(遠い目)
悲し過ぎる結末を思い胸が傷む。当事者にはまるで反省などないものだな。

登場人物たちがふと口にする言葉が、とても響いてくる。奥が深い。
特にすきなのは「第17話 クロード・モネ」の回の
「かささぎ」についての絵の描写。質感のある言葉が美しい。

まぁ、そして、何といっても! 島崎&川畑の刑事コンビ! 
今回はそこに川畑のデキル上司の吉井まででてきて
相変わらずのジレジレ状態にさせてくれる。
しかも途中からずっと二人は会ってないのに、心はもっと近づいてるとかっ!
(この二人のシーンになると、私はソファーの上にぴょこんと正座する。)

ミステリーが無理なら、この二人でラブコメでもSFでも童話でもいいから
また何か書いて下さいね。 シリーズ化バンザイ!
女にプレゼントし慣れない男がさりげなく渡す芸当ができるとは!
(ここだけナイスタイミング!)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

水菜月さんの他のおすすめレビュー 241