三十五年目のラブレター

作者 如月芳美

アカデミックなホワイダニットは、アールヌーボーの夢をみるか

  • ★★★ Excellent!!!

なぜ?

この作品はそれにつきるだろう。

というのも犯行もその犯人も、読者は数話のうちに分かってしまうからだ。

しかもスリリングなことに、刑事と犯人が何度も出会い、言葉を交わし、なんだったら捕まらないでほしいとすら読者に思わせてしまう。

本作には読者が疑うべき謎などないのだ。

だが「なぜ?」だけが残る。

それはきっと最後にこそ明かされる事実なのだろう。

それまではバディもの、さらにミュージアム(博学)ものとして楽しむのが上策ではないかと愚考する。

並々ならぬ書き手の実力を感じてほしい。

多分、我々は何かに騙されている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

真野てんさんの他のおすすめレビュー 175