あとがきと

「怪獣は、災害だ」


 と悲嘆に暮れる一般市民がいる。


「怪獣は、もう日常だろ」


 と笑う悪党も、数は少ないけれどいる。



 ただ一方で。


「怪獣は、だ」


 と言い続ける、一人の男がいた。



 その男は、「怪獣」に幾度となく己の無力さを思い知らされても、抗うことを止めない男だった。


 誰もが自然の摂理と認めて慣れてしまった「怪獣」の存在を、彼の瞳だけは「復讐すべき敵」として捉えていた。


 あらゆる災害の中で「怪獣」には復讐の機会がある。


 ──それは、彼にとってささやかな生きる希望だったのだと思う。


 その勇姿を刮目せよ──。


 ─────────────────────

https://kakuyomu.jp/works/1177354054885420014

 ─────────────────────



 ──と、大仰しい雰囲気で書きましたが、岩井喬さんの「怪獣殲滅デッドライン」のURLを置いて、突然ですが紹介させていただきます。


 この短編を書くにあたりキッカケになったというか、モロに影響を受けて作ったので、ここでぜひ紹介したいと思いました。

 内容も作風も全然違います。


 僕の主人公──平和ボケした小悪党──とは正反対の主役が登場します(もちろん、僕がモロに影響を受けたから、正反対のキャラになっているのだけれど)。


 「怪獣殲滅デッドライン」の主人公、石津武也は逃げないし退かないし諦めない、正義の味方です。

 対するは、圧倒的な破壊神「怪獣」。痺れます。


 特撮リスペクトを感じる、熱くなれる怪獣モノですので、ぜひ読んで下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

緊急怪獣速報 緯糸ひつじ @wool-5kw

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

同じコレクションの次の小説