リフト・バレーの幻

作者 ひつじ

66

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タイトルのセンス、込められたメッセージ、情景を余さず描き出す描写力、ミステリー要素を含んだ魅力的なストーリー。

一つの物語として、ここまで完成度が高いものを、私はカクヨムで読んだことがありません。

――人類最速の男が見る夢とは。42.195キロを誰よりも早く走り切ったエリックが抱いたものは。流した涙の意味は。

場所を移しながら、時間を変えながら、少しずつ真実が明らかになるストーリー。「間違った進化」の象徴として提示される「人類進化の図」。


「震えるほど」というのは誇張ではなく、本当に読みながら鳥肌が止まりませんでした。傑作中の傑作。

★★★ Excellent!!!

約10000字のお話ですが、中身はとても濃い、とても読み応えのあるお話です。
この作者さんは本当に引き出しが多彩で、どの物語を読んでも新たな発見があり、物語に真摯に向き合う姿勢に、私も見習いたい思いで拝読しています。
いやぁ、面白い。本当に面白い!
何か骨太なのが読みたいと思っているそこのあなた。これ、本当におすすめですよ!

★★★ Excellent!!!

この物語は、単なるマラソンの話なのか。

この問いに、私は声を大にして否と答えたいです。
なるほど、確かに描かれているストーリーはそうかもしれません。
描写も見事。
シーンの繋ぎも、映像の手法を意識されているとのことで、驚くほどなめらか。

けれど私が真に感銘を受けたのは、この作品に込められたメッセージです。
これがひどく、書き手としての私に刺さりました。

書き手の皆様も、執筆中に感じたことはないでしょうか。

最初は「自分が楽しい」で終わっていたはずの執筆が、いつしかPVが伸びない、フォロワー数が増えない、評価されない、と悩みの種になる。

自分の作風は流行に乗っていないのか。ならば、流行りの物語を書いてみれば、受けるんじゃないのか…そんな、麻薬のような誘惑に負けそうになる時があります。

けれど、本当に大切なのは、貴方自身の純粋な願い--「評価されるか、されないかではなく」「あなた自身が書きたいと、伝えたいと思ったものを書くこと」なのではないか。

この物語は静かに、力強く、そう問いかけてくれている気がします。
ただひたすらに前を睨んで、誘惑に屈せずに前を突き進む……そんな勇気を与えてくれた本作に、最大限の賛辞を。

★★★ Excellent!!!

人は夢のために邁進する。夢は人の原動力となるのだ。
ならば、その道のトップを走る人の見る夢はどんなにすごい物であろうか。あなたも見てみたくありませんか?

この作品で描かれるのはある夢のために頂点の走りを目指す一人のランナーと、
それぞれの夢に向け進む周囲の人々の思いだ。

人の数だけ夢があり、過程があり、結果がある。
共通して言えるのは誰も夢を見ることを諦められないことだ。

夢は叶える物だという。だが、その道のりは必ずしも平坦とは限らない。

日々の生活の中で擦り切れ、夢を見るのに疲れたあなたに読んでほしい、力の湧く作品です。

★★★ Excellent!!!

この作品とタイトルとキャッチコピーを見た瞬間、「絶対面白いに違いない!」と直感が閃きました。

「リフト・バレーの幻」、全く意味がわからない。しかし、なんか伝わってくる。そして、キャッチコピーからは、マラソンの話っぽいことがわかる。

マラソンの短編? 絶対面白いに違いない、そう思って読み始めると、いきなり、ベルリンマラソンの空撮の描写が始まる。

おいおい、何これ?! 映画かよ!
頭の中に映像浮かんでくるんだけど!!!

そして場面展開して、意味深な会話。何の話だかわからないけど、いかにも意味深。ここでも、映像浮かんでくる。話している男は、肘を机につけ、両手の指を絡めている。キラッと光る眼鏡の奥の目は見えない。碇ゲンドウか! 場面展開したら、アニメになっちゃったよ!

最後、きれいに伏線が回収され、読み終わった瞬間、「面白かったー!」と思わず、応援コメント書いてしまいました。

レビューと言うよりも、感想になってしまっていますが、とにかく、すごい作品です。頭の中で、短編映画上映されました。

一読、おすすめします。

★★★ Excellent!!!

「エリックの本当の実力を知りたければ──」
一人のスポーツライターが、マラソン大会の数か月前に受け取った匿名の手紙。
好奇心を刺激された記者が取材を重ねるなかで知った真実。
そして、人類最速のランナーが見つめる景色とは──。

スタートの合図を待つ多くのマラソンランナー。それが映るテレビ画面。
記者は、取材対象である運動生理学者と会話をしながら、そのテレビを見ている。
場面は視点移動して、原始人たちがカモシカを追うシーンへ。
カモシカを追っていた原始人のシーンから、今度はマラソンのペースメーカー「ラビット」へと視点移動。
そのラビットへの取材内容に、今回の主役──世界最速ランナーの走る動機が隠されている。

映像作品を見るような鮮やかな場面展開である。
時間は現在から十数年前、そして原始の時代にまで自在に切り替わっていく。
ギリギリまで俳優の瞳に寄っていったカメラがパチリと別のシーンに移る手腕。
その表現は映画を見るようである。

象徴的に繰り返される場面がある。
琥珀色(オレンジ)の地平。群青(ブルー)の虚空。上下を二色に分割した抽象画の世界。
アフリカ。ケニアの広大な地平。土埃の舞う大地を裸足の少年が走っていく。
遠い過去から現在まで、ずっと続いている普遍性のあるシーン。
クッキリと原色で塗り分けられた世界は、トップランナーだけが見ることの出来る世界。

世界記録を更新したマラソンランナー。
エリックは腕を掲げて歓喜の表情を浮かべるのではなく、自らの身体を強く抱いた。
幻が消えた虚空を見つめ、涙を流しながら。

人はなぜ走るのか。もっと言えば、なぜ生きるのか。
もう走れないと思ったエリックをゴールに押し出した力は何だったのか。
想像力──。夢見る力に引っ張られて、長い時のなかを人は走るのだ。

鮮やかな場面転換、鮮やかな色彩にゾクゾクしながら読み進めた後に、私はなにを… 続きを読む