奇跡のカレーと不思議なブタ

作者 緯糸ひつじ

83

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 この作者さんの物語はどれも凄いんですけど、今回のお話もまた凄いレベルのものとなっていました。
 地元で有名なカレー屋に、男が二人。とある目的を持って入ってきたのですが、そこで出会ったのはブタの貯金箱。しかもこいつ、喋れるんです。
 二人の目的は? そしてブタの貯金箱はなぜ話せるのか? お話の結末は──?

 この時点でもう面白いんですが、この物語は全ての物事が完璧に配置されていて、まったく隙がない。いやはや、その手腕に脱帽です。

 ぜひともみなさんにも読んでいただきたい! 短くも濃密なこのお話を、ぜひご賞味あれ!

★★★ Excellent!!!

はい、またも天才をお一人見つけてしまいました。

どうやったらこんな楽しくて記憶に残る、呼んだあとも想像が膨らむお話が作れるんでしょうか。

まったくそんな要素は無いですが、BL好きの僕は登場人物のペア同士で涎が止まりません。

豚の貯金箱と男子高校生とか新ジャンル発見です。

話がそれまくりましたが、とにかくサッと読めるのに面白くて時間を置いてまた読みたくなる作品です。

姪っこや甥っこがもう少し大きくなったら読み聞かせするのもいいかなと思いました。

皆さんも是非ご一読されてみてください!

★★★ Excellent!!!

舞台の幕が開け、そこにいるのはどうにも怪しい二人組と、なぜか喋りだす豚の貯金箱。そんな理屈にあわない状況の中、豚の貯金箱は自分の持ち主のことを話しだすが……。

場面描写が二人組と豚の貯金箱の不思議な会話と、怪しい二人組の回想と、場面転換も少なくコミカルに進むため、まるでひとつの短編劇を見たつもりにもなれる作品。

怪しい二人と不思議な一匹、そこに加わるもう一人。最後まで目が離せない展開に酔いしれてください。

★★★ Excellent!!!

わずか6000字。
その中にテーマがしっかりと一本通っていて、伏線の張り方から決め台詞まで、完璧に計算しつくされてる。
何なんだこの作者、あんた人間か?
思わずそう叫んでしまうに違いない。

二組の「仲間」の在り方。
それぞれの持つ価値。
何のために生きるのか。
続けることとやめること、選択することの意味。
どんな切り口から見ても一級品。
どうして★が3個しか入れられないんだ!

★★★ Excellent!!!

様々なスパイスの組み合わせで創り出される最高のレシピ。
カレーは宇宙だ。
そして、ほんとうの友情は砕けない。ちょびっと砕けても元に戻る(笑)

短い話なので何を書いてもネタバレになりそうなのだが。
とにかく読んで下さいよ。面白いから!

訳ありな連中。不思議なブタ。奇跡のレシピ。
軽妙なストーリーと意外な結末。ラストまで一気読みです!