ミネルバの梟は充電後に飛び立つ

作者 @longbow

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全72話

更新

  1. ミネルバの梟は充電後に飛び立つ:第1話〜第50話
  2. データの所有権を消滅させようとする力
  3. メディアにおけるAIの扱い
  4. ユーザーインターフェースとヤード/ポンド法
  5. ToDoもしくはGTD、そしてパーソナル・デジタル・アシスタント
  6. ビッグデータ解析は情報の『優生学』になる?
  7. サイボーグのメランコリア
  8. 本当に情報は「共有」されていくのだろうか?
  9. AIが人間の仕事を奪うかという議論(その1)
  10. AIが人間の仕事を奪うかという議論(その2)
  11. ケーブルとコネクタというトラップ
  12. 情報の価値をどう計るか
  13. ソロバンで頭が良くなる?
  14. 所有権という概念の希薄化
  15. システムの連携と連鎖と電車の遅延
  16. AI、CG、3Dプリントによる『大量生産と消費者の時代』の終焉
  17. シミュレーションに揺れ動く世界
  18. AIのシンギュラリティと、その先にあるもの
  19. 知的格差が生まれる要因(の、ごく小さな一つ)
  20. 物体におけるアフォーダンス 〜 自動ドアにぶつかる人(私)
  21. GUIにおけるアフォーダンス 〜 フラットデザインの功罪
  22. アクセスポイントにされるサイボーグ
  23. 本棚と背表紙と、見えていることによる『気づき』
  24. 知識に対する探究心
  25. デスク(物理)スペースと、デスクトップ(仮想)スペース
  26. データのマイニングで何が分かるのか?
  27. 『仮想本棚の一覧』のお手軽な代案
  28. お箸とサービス(有料)
  29. アンドロイド/サロゲートと仮想世界(その1)
  30. アンドロイド/サロゲートと仮想世界(その2)
  31. ITメーカーの思惑 「考えるな、感じるんだ!」
  32. 流れる大河:ビッグデータの解析とビジネストレンド
  33. 人間ではなくマシンへ向けた広告活動
  34. 紙の手帳と、デジタルメモもしくはスマートフォン
  35. AIの「人間らしさ」とチューリングテスト
  36. 品質要求は変化する 〜 デジカメと「写ルンです」
  37. 「自由と支配」に対する目線(かなり大袈裟)
  38. AIという「水晶玉」(その1)
  39. AIという「水晶玉」(その2)
  40. 古くからある電卓の話
  41. 現在・過去・未来 〜 ヒット商品のシミュレーション
  42. シリコン上に保存されたデータの寿命
  43. 検索結果が生み出す「バイアス」
  44. 宇宙へ出るための機械生命化
  45. 地図の縮尺とデジタルマップ
  46. デジタルツイン 〜 いずれ仮想世界の礎になるか?
  47. 機械との競争における勘違い
  48. ナビゲーションが不動産価格を変える時代
  49. ネットの声は「乗算」で測られる
  50. 増え続けるデータの洪水は、どう解決されるか?
  51. AIの権利と民主主義の危機?
  52. # 幕間 (50コラム目を通過して)
  53. ミネルバの梟は放電後に降り立つ:第51話〜
  54. 自動運転の実現にむけて
  55. 文字と記憶とソクラテス
  56. 電子書籍は紙の書籍を超えるか?
  57. ミステリークレイフィッシュとAIのクローン
  58. エンターテイメント性の評価で動く社会
  59. 路上での自立稼働ロボット
  60. 世界共通のインターネット時間という試み
  61. IPネットワークで時間を合わせる仕組み
  62. AI技術の共有基盤が内包する脆弱性
  63. 「車の群れ」と自動運転システム
  64. 2000年問題と2036年問題と2038年問題と(以下略)
  65. 相関と因果のエラー
  66. 時計と天測航法の関係
  67. 自家用車の所有欲が希薄になっていく
  68. 予測できそうなものと、予測不可能なもの
  69. ロボット三原則の実装はありえるか?
  70. 視線と第六感(直感とパターン認識の狭間)
  71. 深層学習が監視社会に与える影響
  72. 宇宙に他の知的生命体はいるか?
  73. 右側通行と左側通行、そして50Hzと60Hz
  74. 海辺に佇む未来の城塞都市 〜 ミリオネア・シティ