ジャーナリストの本分~申報館記者日誌~ 

作者 崩紫サロメ

上海租界の義士たち

  • ★★★ Excellent!!!

魔都上海、謎の美青年、ジャーナリスト・・・この設定に魅かれて読み始めました。次第に語り合う二人の若者のバックボーンが見えてくると、19世紀最後の夜、上海租界のビルの一室で出会った二人の運命的な何かに、シビレてしまいます。読みかえしたくなる、味わい深い歴史短編小説です。続編を熱望。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

おぼろつきよさんの他のおすすめレビュー 112