西鶴新お伽草紙「嬲りころする袖の雪」

作者 泊瀬光延(はつせ こうえん)

狂い咲、雪に咲く花々を愛でる唄

  • ★★★ Excellent!!!

江戸時代初期、伊賀国の城下。
純粋無垢なお小姓が、男らしい剣術指南役の若者に生まれて初めて恋をした。
子どもでもない、まだ大人でもない、男でもない女でもない。
危うい魅力を湛えた若衆たちが、情感たっぷりに描かれている。
その花の盛りは短い。
そんな若衆たちの健気さと激しさに心震える。
読者も雪の中に引きずりこまれて、背筋が凍てつく感覚を味わえる衆道小説の金字塔。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

おぼろつきよさんの他のおすすめレビュー 111