俺の彼女が120円だった件

作者 守田野圭二

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

連載中 全19話

更新

  1. 1章:俺の彼女が120円だった件
  2. 初日(月) 米倉櫻が小心者だった件
  3. 一日目(火) はよざっすが流行らない挨拶だった件
  4. 一日目(火) 屋代学園が大きいだけの高校だった件
  5. 一日目(火) 阿久津水無月が幼馴染だった件
  6. 一日目(火) 120円の値札が付いたままだった件
  7. 二日目(水) 冬雪音穏が匠だった件
  8. 二日目(水) 俺が期待を裏切らない男だった件
  9. 三日目(木) 相生葵が救世主だった件
  10. 三日目(木) 昔のアルバムが黒歴史だった件
  11. 四日目(金) 伊東先生が大人だった件
  12. 四日目(金) 米倉桃がマンモスだった件
  13. 五日目(土) 米倉梅がエースだった件
  14. 五日目(土) ラッキースケベが快速だった件
  15. 六日目(日) 愉快な仲間達の私服が個性豊かだった件
  16. 六日目(日) 火水木明釷がペガサスだった件
  17. 六日目(日) 桜桃ジュースが120円だった件
  18. 七日目(月) 南中バスケ部が光通信だった件
  19. 七日目(月) 夢野蕾が彼女だった件
  20. 末日(月) 俺の彼女が120円だった件

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!