俺の彼女が120円だった件

作者 守田野圭二

もう一度高校3年間を体験させてくれる。そんな素敵な物語

  • ★★★ Excellent!!!

「俺の彼女が120円だった件」のタイトルのインパクトに引っ張られますが、内容は本当に存在する高校生が自分に出来る精一杯の恋愛をする現実的なものでした。
 
読んでいて「ああ、あるある」「懐かしいな」と感じつつもそこは小説ならではのイベントもあります。このお話には高校生活の3年間がぎっしり詰まっていて「この頃に戻りたい!」そう感じさせられました。

この物語の一番すごいところは、なぜ彼女が120円なのか?その謎を徐々に明らかにする為に主人公 櫻くん が悩み、奮闘していくだけじゃなく、周囲の人物もまた悩み、考え、恋愛して物語に絡んでくるんです!!

120円がなんのかなど色々書きたいことはありますがただのネタバレになってしまうのでここは是非読んで頂きたいです。そして語り合える人が増えたら嬉しいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

功野 涼しさんの他のおすすめレビュー 228