ほのぼのなのに刺激的な近未来的日常

 ときは二一〇〇年。アンドロイド技術が発達した世では、お金さえ積めば個人所有まで可能なレベルまで達している。
 ただ可能言ってもそのお値段なんと一千万!? 子供の頃からの夢であったメイドロボを手に入れるため青春を、給料を捧げた本作の女性主人公『黒ノ木 黒乃(くろのき くろの)』は一千万を貯めて念願のメイドロボの『メイ子』をお迎えすることになるのである。
 そう、ここから始まる黒乃とメイ子のユリユリで甘くイチャラブな日々を記した物語である!

 と言うのはウソで、メイ子好き過ぎてあの手この手でイチャラブを目論み常時暴走モードな黒乃を制するメイ子。
 真面目なのにどこか抜けてて、更にはすごーく高性能で凄い機能なはずなのにそれを間違った方向で使われ振り回されつつも黒乃が好きなメイ子が一緒になればまともな日常にならないのは致し方ないのです。
 
 二人もかなり個性的ですが周囲の登場人物たちも個性派揃いで黒乃とメイ子の日常をさらに刺激的にしてくれます。これだけの個性派集団をバラバラにせず上手にまとめつつ、しっかり笑わせてくれるのは凄いなと思います。
 ギャグに全振りしているかと思わせつつ、アンドロイドの性能、歴史、人権など細かな設定が随所にさり気無く差し込まれ、この作者できるっ! と思わせられました。

 黒乃とメイ子のほのぼのしつつも刺激的な日々を、ぜひ一緒に覗いて笑ってみませんか?

その他のおすすめレビュー

功野 涼しさんの他のおすすめレビュー248