継母の連れ子が元カノだった

作者 紙城境介

1,513

543人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

子供の時にはまだ持っていなくて、大人の時にはもう捨てている。そんな思春期特有とも言える素直になれないラブコメでした。
彼らの攻防を画面越しに見ながらニヤニヤしている自分がいました。
まさに「青春」とでも言うべきで、家族でも恋人でも友達でも無い特別な距離感にときめきました。

★★★ Excellent!!!

俺は死んだ。

この作品はとにかく悶えますね。キます。
2人の視点から書かれているので2人分の感情が直で伝わってくるため、顔がニヤけるのが止まらない!笑
また、文の構成から物語の中の人物なのに自分の友達の恋を応援しているような気持ちになりました。

ひたすら甘酸っぱくてニヤけてしまいたくなるような物語を読みたい方にはぜひ読んでニヤニヤして欲しいです。

★★★ Excellent!!!

 思春期の甘酸っぱい恋が満載です。

 中学卒業を機に、すれ違いで別れた二人は、両親の再婚で再会する。
 互いに付き合ったことにすら後悔しながらも、相手がなんだか気になる。

 かわいい嫉妬、相手にも知られていない黒歴史の暴露など、次々と繰り出されるパンチに、読み手はノックダウンです。
 めっちゃ面白い。めっちゃ楽しい。

 読まなきゃ、損だと言い切れる作品です。

★★★ Excellent!!!

紙城先生は文章を読むだけでアニメやマンガを見せてくれる魔術師です。
そして読者の期待を裏切らない作品作りのできる技巧家です。

タイトル:元カレは看病する。

タイトルを見た瞬間、普通の人間ならある期待をしてしまうわけです。

心冷え冷えツンツンになっちゃった元カノが、朦朧とした意識の中でうっかり甘えちゃったり、体調悪さに意地張るのをやめて心のスキを見せちゃったりするかわいい姿がみてえなあ!と。

そうなってくれないかなと読み進めると、どんどん読者が見たかった展開を描写していってくれる。

読者としては期待と似通った展開なので、文字を追うだけでストレスなく場面を想起できるわけです。

紙城先生は私のようなゲームやマンガ、アニメといった視覚娯楽に慣れ親しんだ読解力に優れていない人間でも楽しめる文章を書くことができる稀有な才能をもっておられます。

そう、紙城先生はアニメやマンガ好きな層を虜にできる文章をかけるんだよ!!

これは文芸の中でもメディアミックスと密接な関係にあるライトノベルという分野では、重視されるべき点であると考えます。

ライトなヲタクほど読め読め読め!!
先生の作品は全部イメージし易くて、読み易くて、面白くて楽しいゾ!!!

★★★ Excellent!!!

間合いを詰めながら攻撃したり、防御したり。
格闘ゲームの熱い戦闘見てるみたい。

冴えない過去を背負ったキラキラ女子ヒロイン。
彼女を見てると、のりの大好きな漫画が原作のドラマ『スイッチガール』を思い出します。

っていうか、あれより面白い!

ドラマ化したら水斗くんはSexyZoneの菊地風磨くんで、結女ちゃんはSKE48の松井珠理奈ちゃんで……
とか、配役まで勝手に妄想✨(どうですか?)

1話1話が長いのに飽きないテンポの良さ。丁度いい感じです。
マッサージされてるみたいで気持ちいい!(普通のマッサージです)

100話くらい楽しませて頂きたい気持ちです✨

★★★ Excellent!!!

主人公とその元カノがひょんなことから義理の姉弟になるドタバタラブコメディ!!とは、いうもののめちゃくちゃ面白いのです!!

主人公と元カノの目線が交互に描かれているのですが、これは小説にしていいレベルの作品です!

一つ一つの細かい感情が心を擽るので、早く更新してほしいですね!

★★★ Excellent!!!

今までに様々な恋愛モノを読んできましたが、この意外な設定に細かい所まで考え抜かれたキャラクター達にハマりました。

元カレとか元カノって別れた後は疎遠になるもので、これはもう世の常識のような感じですよね。中学生の頃からずっと付き合って結婚してそのままハッピーエンドなんてリアルになんてほとんど無い。

その考えを真っ向からねじ曲げて、微妙な関係性になる所を純愛ストーリー並の甘さに仕立てあげた作者の腕前は、正しくブラックコーヒーかと思ったら砂糖とミルクの宝石箱やった~~……という感じです。

嘘だと思って読んでみてください。

ちなみに読み進めたら糖分過多のスーパーラブコメでした。また騙された。いい意味で。