継母の連れ子が元カノだった

作者 紙城境介

10,800

3,722人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ここで小説を読み終わった後、新幹線に乗るまでの時間で駅の本屋で文庫本を見つけ、表紙の絵に惹かれて第4巻を買いました。
個人的な希望では文中の挿絵が白黒なのが残念。カラーで読みたかった。
作中で使われている言葉は非常に繊細で、二人の心の奥底からの思い、叫び、揺らぎが事細かく描かれています。
あ~!、こんな恋愛がしたかった!


これからの続編にも期待「大」ですが、高校生活での一大イベント、学園祭が有ったので、次は修学旅行、進路の選択と大学受験、もしかしたら新しい弟妹とか、勿論、これからの二人の将来もあるのでは?と期待して待っています。

★★★ Excellent!!!

一話完結なだけあって、各話毎に起承転結がしっかりとしているし、なにより登場人物の心情描写が上手い。
元カップルの義理のきょうだいという作品の強みを存分に活かせてるし、そこに生じる主人公やヒロインの葛藤が読書の関心を見事なまでに惹いてる。
ただただ甘いだけじゃない完璧なラブコメ だと思います。

★★★ Excellent!!!

とにかく設定がすごいです。

厨ニな主人公と変わってしまったヒロイン。

普通にいちゃつく二人のヤリトリにニヤニヤさせられてしまいます。

それでも私はいさな推しです。

心理描写が深すぎる。

一度読みだしたら止まらなくなる事間違いなしです。


私が読んだラブコメの中でダントツで一番面白く、切ないお話です。

★★★ Excellent!!!

カクヨムって異世界ファンタジーもの、(転生して最強スキルを入手する)ようなお話が多くいなと思っていました。

私も恋愛ものを書いているので、そういう小説はないのかと思っていた所に、紙城さんのこの小説に出会いました。

こういう設定大好きです!たまらないですよね!
また、こういう恋愛ものでもたくさん★がついていて、恋愛ものでも読んでくれる人がいるんだと知りました。

3年くらい小説書くのが止まっていたのですが、また書いてみようという気になりました。

ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

別れた後のカップルが両親の再婚で同居。

些細なことですれ違いわかれてしまった二人は、険悪な雰囲気を漂わせつつも?

離れてから気づくこと、離れてからでしか見えないこと、離れようやく感じられること。

もちろんキュンキュンもします。ちょっとえっちな展開も嬉しい!

もっと早く出会いたかった!

★★★ Excellent!!!

すべてにおいて新しいラノベ。読み切るまでページをめくる手が止まらず、国語全国模試1位の語彙力をなくす作品。すごすぎて、もはや気持ちが悪い。
 ※本作品を閲覧される場合、ほとんどのラブコメが物足りなく感じようになることを予めご了承ください。
        ↑
   これを乗せる必要がある

★★★ Excellent!!!

いや本当にすごかったです。男子高校に通う拗らせた僕みたいな奴にはもう致命の一撃でしたね。今までに読んだどんなネット小説よりも素晴らしかったです。人生に潤いがもたらされたと言うか... とにかく、こんなに必死にさせてくれるネット小説があるなんて驚きです。続編もあったら読みたいですね。

★★ Very Good!!

中学卒業のときにあるカップルが別れた。両親が再婚するとのことで、親の再婚相手の新しい母親が連れてきたのが別れたばかりの元カノだった。それからの話です。

水斗と結女の掛け合いがよく、話が全体的に良かったです。

これが☆2の理由だが、ほとんどの人が話の良質さで受け入れているだろうが、本編の途中から本編は文字数5桁いってる話ばかりになっているくらい文量が多い。ほとんどの作品はいっても二万文字前後以下ですませているが、いくつかそれを越えてるだろう話がある。一話の読了時間は三十分から一時間くらいかかる。なので、自分みたいな時間がなくて、一回でラノベ四十ページから六十ページくらい読める集中力がない人にはお薦めできません。

21/2/10一部改稿

★★★ Excellent!!!

文庫本も買ったと言うそこのあなた!!(まだ買ってない人も)
その勢いでなろうで連載している
「転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?」
という作品を見るんだ!!
連れカノとは全く異なった紙城境介ワールドを見ることができるぞ!!(露骨な宣伝)
騙されたと思って60話まで見てくれよな!!
60話までは絶対だぞ!!絶対だからな!!

<追伸>下にURLを貼っときます。
https://ncode.syosetu.com/n7437dj/

★★★ Excellent!!!

 前々から気になっていたのもあって、書籍版四巻までを購入し夢中で一気読みしました。軽妙洒脱で心地良い文章と、往年のスタンダードとそれに終わらない新機軸要素を取り込んだ王道展開。雰囲気としては十年ほど前にピークを迎えていた古き良きラブコメを踏襲しつつも、現代に合わせてチューンアップされた感じとでも言いますか。読者のツボをおさえるポイントと良い意味での裏切られ感とが交互して訪れる構成は、飽きという概念に歯向かっているようにすら思えました。
 水斗と結女を軸に、人間関係という一要素だけで話を深めるのは非常に難儀な気がしますが、それがするする進むのだから驚かざるを得ません。今後の展開にますます期待が高まる本作がどんなエンディングを迎えるか、目が離せません。