千年王国978年目、崩壊の前兆と愛について

作者 みりあむ

秀逸のミステリー大作

  • ★★★ Excellent!!!

一気読みしてしまいました。なにもかも、非常に鮮やかな手腕に脱帽です。各章のサブタイトルが綺麗な三角形を描いているのも並のお方ではありません。普通のサブタイトルを考えるだけで力尽きそうになる自分と比べてはいけませんが、なんという余裕なのでしょう。

個人的にはフィクションや異世界ジャンルに興味が薄いのですが、巧みなストーリー運びと少しずつ明らかにされる数々の謎の部分に惹きつけられ、気付けば読み続けてしまいました。魅力的な登場人物達をマンガ化、アニメ化で見てみたい気もします。

作者様の明確な世界観と、各エピソードの表現力やメッセージに唸らされます。良い刺激、良い時間をありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

神原 遊さんの他のおすすめレビュー 56