幽霊とゴーストライター

作者 たまかけ

なぜ書くのか、という原点に返らせてもらえる

  • ★★★ Excellent!!!

自著の出版と引き換えに、とある事情を抱えるWEB小説のゴーストライターを引き受けた新人作家。

そんな彼の前に突如現れた美女幽霊は、今まさにゴーストライトしようとしていた作品の作者なのだった。

「ゴーストライトとはいえ実際に出版されるものを書いている他人」と、「原作者とはいえ死んでしまって続きを書いていない本人」、という対比の設定が面白く、作品を作るとは何かについて考えさせられました。

読みやすい文体でありながら、WEB小説に関わる人はより深く読むこともできる。散りばめられた伏線回収も読みどころのエンターテインメント小説です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

大黒 歴史さんの他のおすすめレビュー 56