虜囚達と夜のユリシス

作者 銀鏡 怜尚

複雑な人間心理が織り成す愛憎劇、歯応え満点の医療系社会派ミステリ!

  • ★★★ Excellent!!!

カクヨムで年末年始にWeb小説コンテストが開催される都度、主にミステリジャンルで銀鏡怜尚氏が参加し、過去三度新作長編を発表なさっています(※第三回のみ既存作にて参加なさっていた模様です)。
今年も恒例の時期になり、同氏の長編ミステリが読めることを大変嬉しく思います。

さて、銀鏡氏の作品は、しばしば医療系の要素を盛り込み、社会問題に深く切り込んだ内容なのですが、この最新作も例に漏れません。さらに今作では、刑務所という特殊な舞台設定を用い、取り分け終盤に緊迫感溢れるドラマが待ち受けています。
硬質な筆致と伏線回収の巧みさは、重厚な物語を力強く支え、読み手の期待を決して裏切らないでしょう。

歯応えのある社会派ミステリがお好きな方は是非!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

ええっ! この物語は二十万文字を超えていたのか!
読了後に気づき、あらためて「読ませる」小説であることを再認識いたしました。
主人公の職業が刑務官という、一般市民にはあまり馴染みのないことにまず驚き… 続きを読む

坂神京平さんの他のおすすめレビュー 293