無声映画を聴きながら

作者 淡島かりす

寂れた炭鉱の映画館で紡がれる、少年たちの一夏

  • ★★★ Excellent!!!

無声映画を見にいった少年と、その映画にアテレコする少年、二人の物語です。
丁寧な描写が透き通った水のような美しさをもって、二人の少年の、映画を交えた交流を紡ぎあげます。

彼が惹かれているのは彼なのか彼女なのか。
「僕は彼女だ」「君は特別だから」と繰り返す彼の真意は。

決して戻ることのできない幼い想いを切り出した透明感を、是非とも堪能していただきたい作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夢裏徨さんの他のおすすめレビュー 29