無声映画を聴きながら

作者 淡島かりす

39

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

舞台装置として完璧に機能する世界観設定。

大人たちが作り出し、閉塞してゆく世界との対比として描かれる、少年二人の、世界への渇望と、渇望しているからこその輝き。

そして、あの結末。

途中、役を演じるその演者を見る、その演者と話す、その演者と演じている役として本人と話す、という難しい位置関係のシーンもさらりと書きこなす、ゆるぎない文章力があったればこその今作と思います。

そして迎える、あの結末。

この美しくも儚い世界が、どこへどのように落着するのか。ぜひ皆さん体験してください。

★★★ Excellent!!!

昭和の初め、薄汚れて寂れた炭鉱の町。
少しだけ裕福な家の子である「僕」はある日、
弁士のいない映画館で同級生の少年と出会う。

彼はその映画の内容をすべて知っているという。
なぜなら、彼こそが主演女優「マリア」だから。
それが真実か嘘か、「僕」は試すことにする。

思春期に入ろうとする年頃の少年、ふたり。
「僕」は何かに対して熱い想いを知りかけるが、
それが一体何であるのか──不思議な余韻が残る。

★★★ Excellent!!!

>少年はスクリーンに映しだされる女優を指差して言った。

>――あれは僕なんだよ。

不可思議なシチュエーションが、あらすじで提示される。
ミステリー? ファンタジー? SF? 興味を覚え、読み始め、止まることなく読みきった。

主人公は語り手でもある岸沼。炭鉱町に暮らす比較的裕福な少年。
そして彼が夏休みの他に客もいない映画館で出会ったのは、同級生の葛城だ。貧しく、映画館で雑用をして日銭を稼ぐ彼は、しかし美しい声の持ち主で、冒頭の不可解な台詞を口にする。
無声映画。弁士もいない。外国の映画だからストーリーもわからない。だが葛城は女優の台詞を生き生きと吹き替えてみせる。彼に導かれ、岸沼はその映画を毎日少しずつ観進めていくことになった。

無声映画を観る。白黒の画面に映る異国の女優の美しさに魅せられる。そして同時に葛城の声を聴く。彼の紡ぐ声と物語に心惹かれる。岸沼を捉えたのは、果たしてどちらか。
奇跡のような時間にはやがて終わりが訪れる。結末は苦い。けれど彼らにとって一生忘れがたい出来事となったのは……その苦みがそこまでの甘美さをより強く引き立てたからなのではないか。そんなことを思った。

★★★ Excellent!!!

少年と男性。

そこには、女のひとのそれとは違う、何か決定的な隔たりがあるように思う。
過ぎてしまえば、もう二度と戻れないような隔たりが。

昭和初期、とある映画館。
これは、炭鉱町に暮らす二人の少年が紡ぐ、陽炎のような物語だ。

歌うような一人称と、現実に並行して語られる映画の世界が、ため息を誘うほどに美しい。

★★★ Excellent!!!

人間の思考は言語に規定されるそうです。
楽しいから笑う、悲しいから泣く。
自然な感情の起伏なのかもしれませんが、この表現に疑問をいちいち感じないのは、言葉というシンボルに拘束されている証拠です。

もしかしたら、楽しいと嬉しいの中間くらいの感情も存在したかもしれませんね。とすると、成長するほどにそれらを感じられる感性が失われていったのでしょう。言葉によって。環境によって。他者によって。

前置きが長くなりました。
作品の舞台は枯れた炭鉱町。二人の少年が無声映画のアテレコを通じて交流を深めていく話です。

話の大筋はこれだけです。なのに何故、この作品に惹かれてしまうのでしょう。こんなにも魅力的なのでしょう。

幼少の頃に抱いた、他者と通じることに対するとりとめのない安心感。好きになった人達だけに感じられる透明感。
少なくとも私はこの作品を通じて、子供の時分に持っていたそれらを想起してしまうのです。

丁寧な言葉の選び方や、リアリティを感じられる舞台設定などなど、特筆すべきところは様々あるのですが、きっとそれがこの作品一番の魅力です。

是非ご一読を。きっと懐かしくて、素敵な感情の起伏を思い起こせることかと思います。

★★★ Excellent!!!

無声映画を見にいった少年と、その映画にアテレコする少年、二人の物語です。
丁寧な描写が透き通った水のような美しさをもって、二人の少年の、映画を交えた交流を紡ぎあげます。

彼が惹かれているのは彼なのか彼女なのか。
「僕は彼女だ」「君は特別だから」と繰り返す彼の真意は。

決して戻ることのできない幼い想いを切り出した透明感を、是非とも堪能していただきたい作品です。

★★★ Excellent!!!

「一瞬の煌めきを切り取った」という表現を使われることは多いもの。それは食レポにおけるレトロな店の料理を「どこか懐かしい味」と書いてしまうほどに、安直に出てくる表現でもあります。でもこの作品は人のいない映画館という、映画好きならワクワクしてしまう状況に甘えず、光の向きと当たり方をうまく利用して閉鎖空間の淫靡さと、自分と別の客体とを行きつ戻りつする少年に向ける主人公の視線を導いてくれます。
 どう見ても苦しい状況にある少年が見せる、自分ならざるものに一時変化する色気。それを共有する、共犯者の主人公。この先も続いていく少年の貧しき人生、という連続したフィルムと、切り出した美しいスチール写真。その色合いの変化も美しい一本。