無声映画を聴きながら

作者 淡島かりす

閉塞した世界と、美しき世界への渇望と輝き。そして……

  • ★★★ Excellent!!!

舞台装置として完璧に機能する世界観設定。

大人たちが作り出し、閉塞してゆく世界との対比として描かれる、少年二人の、世界への渇望と、渇望しているからこその輝き。

そして、あの結末。

途中、役を演じるその演者を見る、その演者と話す、その演者と演じている役として本人と話す、という難しい位置関係のシーンもさらりと書きこなす、ゆるぎない文章力があったればこその今作と思います。

そして迎える、あの結末。

この美しくも儚い世界が、どこへどのように落着するのか。ぜひ皆さん体験してください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

せてぃさんの他のおすすめレビュー 36