に×3=同盟の慌ただしい十日間

作者 御剣ひかる

彼らはきっと、何者にでもなれる

  • ★★★ Excellent!!!

まだ未熟で、不安定で、不定形だけれども、何者にでもなれる無限の可能性を秘めてた三人の物語。
思春期から青年期へ向かう過程の中で、自らの先の人生のあり方に悩みながらも、目の前に与えられた使命に、賢明に立ち向かう。そして賢明に立ち向かうゆえに、その中に思春期らしい悩みを解決させるヒントを拾い上げたりもする。人生の不思議、人の物語の数奇さすら書き込んでいる作品です。

大団円を迎える、その結末が、本当にたくさんの可能性が秘められていて、読んでいて心温まる思いでした。これから読まれる方も、その辺りは大船に乗ったつもりで、最後まで読み進められると思います。是非、たくさんの可能性を秘めた若者の門出を共に祝いましょう!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

せてぃさんの他のおすすめレビュー 36