ミサエちゃんとオマエくん

卯野ましろ

パーカーからの!

「暑い~」

「ここは涼しいだろ」


 こことは、オレの部屋のことだ。オレと幼なじみのこいつがいるこの場所には、客のために用意された冷気を漂わせている。


「この暑い日に、パーカーなんて着て外に出るから暑いんだよ。しっかり調整しろ」

「ふーん。じゃ、脱ぐ」

「お、おう…」


 脱ぐって……。その表現は誤解を招くぞ、というツッコミは絶対に表に出さない。


「あー暑い暑い」

「だから涼しい……って、おおおおいっ!?」


 パーカーのチャックが下がった後、露わになったのは……。


「うるせーよオマエ」

「何だよその格好は!」

「キャミソールだよ。分かんないの?」

「人んち来て、そんな恥ずかしい姿を見せるな!」

「開いて早々、生のボインボインじゃないことを偉いって褒めろ」

「褒めるもんか!」

「何だよ、ついこの前までは一緒に風呂入ってたっつーのに」

「何年前の昔の話だよ!」

「もうあたしのマッパなんて知っているだろうに……」

「おい、逆ハラで訴えるぞ!」

「何オマエ、あたしにトゥンクしてんの?」

「っ……、こいつ!」


 ああ、そうだよ!


「なーにお隣さんにときめいているんだか」


 トゥンクしてるよ……。


「うるせーよ、この痴女!」


 オレはお前が好きだよ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!