赤飯のワケは……

「そもそも料理人ってさー、女には難しいんだってさ」


 パンケーキもゲームも終わり、二人でウーロン茶をお供にくつろいでいると、ミサエが急にさっきの話題を出した。


「え、何で?」

「体力勝負だから男に劣るだろうし、あと、生理があるから!」

「ごふっ!!」


 オレは思わぬ衝撃ワードが耳に入ってきた途端、勢いよくウーロン茶を吹き出した。


きたねぇよ」

「お前が平気でそんな言葉、出すからだろ!!」

「ヘタレ」


 オレをバカにしながらも、ミサエはタオルをくれた。


「生理のときって味覚が変わるから、料理人には厄介だとか。ネットで知ったことなんだけどさ」

「どういう流れで、そんなこと調べて知ったんだよ……」


 ミサエが補足を加えたけれど、オレはそれどころではなかった。

 生理って……。

 女子が男子の前で、堂々と言うなよ!


「オマエ、小学生のときから変わってねーな。いい加減に慣れろよ、生理に」

「うっせ!」




 オレたちが小学五年生だったある日のことだ。ミサエがオレの家に、あるものを届けに来た。


「おばちゃん、いないんだ」

「ああ、買い物。オレ留守番中。ところで、これなんだ?」

「お赤飯だよ。おばあちゃんが作ってくれたの。たくさん炊いたから、お裾分けしましょって」

「へー、何かめでたいことあったのか?」

「うん、初潮」

「あー。……え゛⁈」

「あたし、生理きたんだよ」


 ショチョー……。

 ……セーリ⁈

 

「忘れたの? この前、習ったじゃん?」

「分かってる。覚えてるけど……」

「顔、真っ赤。……ウブな奴」

「う、うるせっ!」

「じゃーねっ。おばあちゃんのお赤飯、おいしいんだから!」

「あーあー、ありがとよ!」


 オレをバカにしているのか、ミサエは笑いながら手を振って、帰っていった。オレは顔が熱いのを感じながら、ぶっきらぼうに礼を言って、ミサエを見送った。



「あのときから、全然変わってないな~ホント」

「お前もな! 少しは恥ずかしそうにしろよ!」

「賢太、しっかりしんしゃい!」

「黙れ、恥知らず! おまけになんだ、その方言……」


 ん?

 あれ、待てよ?


「なあ、今何て言った?」

「ふん、つんぼ。『賢太、しっかりしんしゃい!』だよ」

「……っふ」

「な、何がおかしいんだよ」

「だって、方言……」

「え、そんなにおもしろい?」


 ミサエは嬉しそうだ。オレがウケていると思って、嬉しいんだ。

 良かった、見事に勘違いしてくれて。


 賢太……。

 賢太!

 オマエじゃなくて、賢太!


 ちょっと違うかもしれないけれど、名前で呼ばれたことが、オレはすごく嬉しかった。


 ……それ以上に、呼んでほしい呼び方は、確かにあるのだけれど。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!