勝ってみてぇ~!

 あのゴリラに勝つには、どうすれば良いのか。


 オレは部屋で、プロレスのことを考えていた。もういい加減に勝たないと、男としてどうかと思う。

 ミサエだって、自分より弱い奴となんて付き合いたくないはずだ。だからオレはあいつに男として見てもらえないんだ。

 そうだ、プロレスでオレがミサエに勝ったとしたら……。


「くっ……、あたしが負けるなんて……」


 そんなこと言って、泣きながら悔しがるあいつが見られるのか……。

 いや待てよ。


「強いのね、見直した……。これからは、あたしのことを守って……イタタッ!」


 痛がりながら、しおらしく負けを認める、いつになく女の子らしいミサエも良い! それでオレがミサエに「大丈夫か?」って心配して、あいつの手当てをしていて……。


「お前、女の子なんだな。こんな柔らかい体で……」

「ちょっ、やめてよ」

「……ミサエ……」

「えっ……、きゃっ」

「大丈夫、優しくするから」

「っ……!」


 オレに押し倒されたけど、痛みで抵抗できないミサエはオレにされるがままで……。


 あ、それならミサエにチャイナドレスを着て欲しい。スリットって良いよな。体の形がはっきり分かるのも最高。胸も尻も……。

 ミサエなら何色だ? 赤も青も黒もイケるぞ。赤は勝ち気な女って感じがたまらないし、青なんてもう、お決まりのやつだよな? 黒は何か色気が増す気がするし……。


「ひどいよ兄ちゃん! よりによって、おれが髪洗っているときに風呂の電気消すなんて……って、え?」


 そのとき、オレはハッとした。


「……兄ちゃん、どうしたの?」

「何が?」

「気持ち悪かったよ、笑っているの。何を考えていたの?」


 答えられる訳がない。

 ミサエで気持ち悪い妄想をしていたなんて、絶対に言えない!


「もしかして、ミサエちゃんのこと?」

「違うよ」

「じゃ、何?」

「……えーと……」


 その後、ごまかすのに三十分は時間をつかったと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!