おやつ作るからゲームやって!

 家でくつろいでいると、奴から電話がかかってきた。


「もしもしー」

「あ、今ヒマ? 聞きたいことがあるんだけど」

「ああ、いいぞ」

「あのさ……」


 その話の内容とは……。


「『漆黒の沼』のボスの倒し方、分かる?」


 オレから借りた、ゲームの攻略法だった。


「何だよ、もうすぐでクリアじゃん。あいつは『赤い溶岩』で手に入れる剣が効くぞ」

「分かったー」


 ツー、ツー、ツー……。


 ……やれやれ。


 と、思いきや。


「うお! またミサエ!」


 何だよ、人が録画した番組を見ようとしているときに……。


「はい」

「ねー、『赤い溶岩』の剣って何ー?」

「はあ!? お前さっき分かったって言ってたじゃねーか!」

「何ムキになってんだよ~! 分かんないもんは、分かんないの! ていうかさぁ、」

「ん、何?」

「家に来て、代わりにやってよ!」

「えぇー」


 と、いうことで外出決定。

 せっかく自宅に誰もいないというのに、そんなときにこそ録画の消化だっていうのに……。


 なんてグチグチ呟いているが、何だかんだで呼ばれたことが嬉しいオレ。


 完全にミサエにホの字じゃねーかよ……。




「ほら、ここだよ。ここで剣を取って、『漆黒の沼』に戻れ」

「えー、ここ絶対に落ちるじゃん。嫌~」

「まだオレがやんのか」

「ていうかボス倒してよ。そのために呼んだのに」

「お前にクリアしたいって意志、ねーの?」

「クリアしたいけど~、もう何回も体力ハートなくなる残機なくなるの繰り返しで疲れた」

「オレはこれを、何度もクリアした」

「すごいね、じゃあやれよ」

「そこはサラッと流さず、もっと褒めろよ! オレは代わりにやってやる側の人間なんだぞ!」

「はいはい、後はよろしくー。あたし、他にやることあるし」


 そう言って、ミサエは去っていった。

 ちなみにミサエがこのゲームを借りた理由は、前にあげたTシャツに描かれたキャラクターが主人公のゲームだからだ。だがしかし、アクションゲームが苦手なミサエは、こうして自分の手でクリアすることを潔く諦め、オレにまかせることにしたのであった……。


 やれやれ。さて、進めるか。

 もう何回もクリアした、このゲームを。




「はー、簡単簡単」


 あっという間にゲームのラスボスの体力ゲージは、残りわずかとなった。ここで一気に倒したいところだが、キャラクター目当てでゲームを借りたミサエのことだ。絶対にエンディングが見たいに決まっている。


 ポーズ、ポーズっ、と……。


「おーい」


 コンコンコン、と部屋のドアをノックする音。


「ナイスタイミングだな。もうエンディング間近だぜ」

「本当!? すげーじゃん!」


 すごく嬉しそうな顔をして、ミサエが入室してきた。


「お!?」

「……オマエはあたしに良いことすれば、良いことが返ってくるんだよ!」


 ミサエは、パンケーキと共に姿を現したのであった。


「ほら、食えよ!」

「お、おう!」


 パンケーキ……。

 ミサエが作った、パンケーキ!


 パンッ!


「いただきますっ!」


 オレはパンケーキの前で手を合わせ、そしてケーキシロップをかけて食べ始めた。


「……うまい……!」

「あたしが作ったもんが、まずいワケねーだろ?」


 それには素直に頷ける。実はミサエは、めちゃくちゃ料理が上手い! ありがたいことに、オレは何回もミサエの手料理を食べている。そして今まで食べた手料理は、全部全部、最高だ!


 ミサエのやつ、ガサツで痴女で、ときにブタで、ときにゴリラだけど……。

 こいつの、こういう女の子らしいところ、本当にキュンとするんだよなぁ……。


「しかし、よくこんなに分厚く焼けるよなー。粉のパッケージでしか見たことないぜ?」

「まー、2cmはあるんじゃん?」

「どうしてそんな風になるの?」

「牛乳を、ヨーグルトに変えたからかな?」

「へー、すげーな。何でヨーグルトって膨らむんだろ…」

「知らない。とりあえずヨーグルトが良いって聞いたから、入れた」

「そうか……」


 こんなざっくりした奴が、こんなうまいパンケーキを作れるとは、何だか信じられない。


「あたし、ちゃんとすっから!」

「んぐっ、」


 読まれた……。




 


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!