お下がりならぬ……

「あー、もう! これ着ろ!」

「ん?」

 

 オレは、いらなくなったTシャツを取り出し、それを目の前にいる痴女に向かって投げた。


「いいの?」

「いいよ。もうオレは着ないから」

「ちょっと! これかわいいじゃん!」

 

 オレが投げたのは、キャラクターもののTシャツ。そっか。こいつ、こういうキャラクター好きだったんだっけ。すごく喜んでいるんですけど。ハイテンションが予想外なんですけど。キャラクターについて、さっきから「かわいいかわいい」言いまくっているんですけど。ていうか……、

 

 そんなお前が、めっちゃかわいいんですけど!


「ねえ、本当にもらっていいの?」

「お、おう……」


 ついボーっとしていたオレは、慌てて返事をした。


「……ありがとうっ! 早速着る!」

「……どういたしまして」

 

 さっきまで屁理屈を言っていた痴女はいずこ。もうすっかり女の子な幼なじみに、オレはすっかり心を奪われていた。

 ……心を奪われているのは、今に始まったことではないんだけど。と、妙にクサく自分にツッコむオレ。そんなオレの横でTシャツを着ている幼なじみ……をオレは直視できていない。


「がっつりキャミソール見といて、今更目を逸らすこともないんじゃねーの?」

「うっせ! がっつり見てねーし!」

「はいはい」

 

 また逆ハラか! かわいいって思ったのに……。


「オマエからこういうお下がりもらうの、もう何回目だろうねー」

 

 そう、こいつにお下がりをやるのは、もうずっと前から始まっていることだ。オレが着なくなった服は、ほとんどこいつへと回っている。その服はオシャレに着こなされているものもあれば、単なる寝巻きになっているものもある。


「ていうかさ、これってさ……」

「何?」

「お下がりっていうより、いわゆる……」

「……?」


 え? まさか、まさか言うのか? あの言葉を、オレは言われるのか⁉


「お上がり、だな!」

「……は?」

「オマエより誕生日が早いあたしの方が、お姉さんだから! 」

「……」

 

 「彼シャツ」という言葉を期待していたオレが恥ずかしい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!