作者さまのセンスと想像力に限界はないのか……!?

前作「汎銀河企業体 メロンスター.Inc」から引き続き、怒涛のギャグとブラックジョーク

前作を完結させて、さすがにネタが尽きたかと思えば……相変わらず信じられないほどの密度。面白すぎる

これだけの量のアイディアを思いつけるとは、良い意味で作者さまはやばい。どうにも同じ人間とは信じられない。やはりメロンスター.Incの発明品なのではないだろうか。

そんな疑念が湧いてくるほどの楽しさです

その他のおすすめレビュー

イマ猫|作品紹介エッセイさんの他のおすすめレビュー152