世界を望めば、世界は我が手の中に

作者 笛吹ヒサコ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全131話

更新

  1. 序文
  2. 序文
  3. 幕間
  4. イムリ茶の淹れ方
  5. 第一部 始まりと旅立ち
  6. 第一章 故郷の港町
  7. 黒い小石
  8. 港町のパン屋
  9. 夜ふけ
  10. 大祭前日
  11. 神殿の離れにて
  12. 世界竜族
  13. 夜の桟橋
  14. 第二章 竜の森へ
  15. 離郷
  16. 玲瓏の岩窟
  17. ナターシャ
  18. 北の石舞台
  19. 長たちの会議
  20. 船頭の息子
  21. 第三章 旅立ちの日
  22. 静かな朝
  23. 星の水鏡
  24. 老竜、飛翔
  25. 仮面の下
  26. 旅の仲間たち
  27. 第四章 もうひとつの旅立ち
  28. 老竜、死す
  29. 湖に降る花
  30. 幕間
  31. 煎り豆とビスケット
  32. 第二部 黒い都
  33. 第一章 静かな森
  34. アンバーの長い話
  35. 焚き火を囲んで
  36. 憂鬱な道の先に
  37. 第二章 都の探索
  38. 探索の前に
  39. 竜王の屋敷 〜子ども部屋〜
  40. 竜王の屋敷 〜日記〜
  41. それぞれの思惑
  42. 名無し、あるいは――
  43. 世界の中心の塔へ
  44. 第三章 そして世界は動き出す
  45. 世界の縮図
  46. 黄金の二重円
  47. 水色のリボン
  48. 地下にて
  49. 夢見の乙女
  50. 幕間
  51. マーマレードはたっぷり
  52. 第三部 改革の港町
  53. 第一章 予期せぬ帰郷
  54. 夜の再会
  55. 訃報と提案
  56. 隣人たち
  57. 昼下がり我が家
  58. 世界に投じられた一石
  59. 第二章 北西の港街
  60. 密会と演説
  61. ニール
  62. 南へ
  63. 第三章 故郷のために
  64. 故郷に足りないモノ
  65. 仮設浴場
  66. リーナ
  67. 客人
  68. 変わりゆく思い
  69. ターニャ
  70. モール商会
  71. 第四章 港町の長い一日
  72. 船旅を終えて
  73. 胸騒ぎの朝
  74. ローワン
  75. 港町協奏曲
  76. 港町遁走曲 〜前奏〜
  77. 港町遁走曲
  78. 港町遁走曲 〜後奏〜
  79. プリシラ
  80. 幕間
  81. こんなイムリ茶を
  82. 第四部 追い求め続けること
  83. 第一章 港町からの脱出
  84. 地下牢
  85. 放浪の皇子
  86. 脱出
  87. 約束
  88. 第二章 過去と未来の間
  89. ザザの森
  90. 世界の終焉
  91. オーナ大隧道 〜第三東口〜
  92. オーナ大隧道 〜本道〜
  93. 父と子 〜刃と縄〜
  94. 第三章 それぞれの道
  95. アンバーの決意
  96. 馬車に揺られながら
  97. 父と子 〜真実の鍵〜
  98. 父と子 〜それぞれの真実〜
  99. ヴァン
  100. 第四章 運命の街 モーガル
  101. 激震
  102. 閉ざされた黄金の瞳
  103. 崩壊
  104. 邂逅
  105. 第五章 二つの満月
  106. 夜が来る
  107. 街を駆ける
  108. 夜を迎える
  109. 婚礼の儀
  110. 恋人たち
  111. 月が昇る
  112. 幕間
  113. さいはての島で
  114. さいはての島から
  115. 第五部 人間と竜族
  116. 第一章 灰霧城塞
  117. 生きながら死ぬことと
  118. 決意を確かめ合うこと
  119. 信頼の証を
  120. 星なき湖で
  121. 父と子 〜結び直された絆〜
  122. 城壁の上で
  123. 過去と未来の間に
  124. 第二章 小閃光、墜つ
  125. 小閃光の涙
  126. 友との別れ
  127. 第三章 竜たち
  128. ファビアンの言い分
  129. ローワンの夢
  130. ヴァンの涙
  131. 竜王の息子
  132. 第四章 セルトヴァ城塞
  133. 北の皇帝
  134. クレメントの祝福
  135. 始まりの物語 〜抑止力〜
  136. 始まりの物語 〜名もなき竜の呪い〜
  137. 呪いの正体
  138. 二種類の後悔
  139. 城壁の上で、再び
  140. 第五章 皇帝の宿願
  141. 星見盤の使い道
  142. 西と北
  143. 古き友
  144. 平和を望んだ皇帝
  145. 宴のあとで 〜北の人々〜
  146. 宴のあとで 〜男と女〜
  147. 宴のあとで 〜星見盤の代償〜
  148. 第六章 新風を吹き込む者
  149. 奏者の本質
  150. スープ
  151. 頼りない長
  152. 第七章 揺れ動く世界
  153. 再び、城塞へ
  154. 悪い知らせ
  155. 暗黒地帯について
  156. 真実の隠し場所
  157. 会議
  158. 第八章 女王誕生
  159. 聖都ブラーニア
  160. 女王ライラ
  161. 独りよがりの竜王
  162. 虚無からの報せ
  163. ベンが遺した『可能性』
  164. 第九章 世界竜族
  165. ファビアンという男
  166. 最弱の竜族
  167. 開戦の狼煙