長編・お仕事小説 『それでも、火葬場は廻っている』

作者 くさなぎ そうし

故人の『想い』が、それぞれの仕事を廻していく☆

  • ★★★ Excellent!!!

火葬場という特殊な舞台。
そこに携わる人達の、それぞれの「過去に負った傷」と「今の想い」を織り交ぜながら、新たな息吹をもたらそうと頑張っていくヒューマン・ドラマ☆

鍵は、ある人物が遺した『造語』。
それぞれの章で遺された『造語』の意味を意識して読み進めていくと、この火葬場を『廻し続けていきたい』気持ちも見えてきて面白いです。

四季に合わせた情景が浮かびやすい文章。読み手の心を掴んで、作中の人物達と同じような気持ちにさせてくれる表現。美しく、個性的で、わかりやすい、の★★★です☆

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

第一証まで読ませていただきましたが、とても夢中になって読むことができました。重すぎず、そして軽すぎない、本当にお見事!と言える作品です。冒頭から一気に惹き込まれます。短時間で決まってしまう面接とか、… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 死、人として生を受けた以上免れないもの。
 本作は人生の幕引きを迎える葬儀場に関わる人たちが主人公の群像劇です。
 兄の死を受け入れられず三年間引きこもりの青年、祖母に憧れる女性僧侶、斎場専門の花… 続きを読む

愛宕平九郎さんの他のおすすめレビュー 696