あの日、あの時、君といたモノクロームの夏。

作者 ayane

26

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

第二次世界大戦を経験した人々が減っていき、戦争や原爆の恐ろしさが風化していく現代。
平和な広島の街で青春を謳歌する二人の少年少女が出会ったのは、原爆の閃光によりタイムスリップしてきた一人の少年でした。

彼との出会いが、音々と桃弥をタイムトラベルへ巻き込みます。
原爆投下直前の広島にタイムスリップした二人は、時正や彼の仲間と共に原爆の投下から市民の命を救おうと奮闘するのですが──

当時の社会情勢の中、現代から来た二人と戦時中を生きる人々との出会いと交流が切迫した状況の中で描かれています。
彼らの奮闘は市民に届くのか、そしてタイムスリップしてしまった二人は現代に戻ることができるのか。

「あの日」のその後、そして現代にタイムスリップした少年時正視点での短編も、心を打たれます。
物語を通して、皆さんもぜひ戦争について、原爆について、今一度考えてみていただきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

――

時間の流れと共に、過去の出来事は次第に遠くなっていきます。
けれど、過去が『今』なら……?
原爆投下前の広島、終戦後の平和な時代を過ごす家族の様子など、タイムスリップを絡めた展開は緊張感と切なさに満ちていて、物語に強く引き込まれました。
その時々にごく普通の日常があり、苦しくても大切な人を思い、お互いに支えあい、みんな一生懸命に生きている。
誰かを好きになって、一緒にいたいと願いながら。

変えることの出来ない歴史。
重いテーマを含んでいますが、心に深く響くものがたくさんある、本当に素晴らしい作品です。
小学生や中学、高校生の方たちに、ぜひ読んでいただきいと思います。

★★★ Excellent!!!

――

本日、72回目の終戦記念日。
さまざまなメッセージが込められている今作ですが、ドラマとして、もし自分がその場に居合わせたとしたら、果たして彼らと同じような行動が取れるのか? 人を救うために自分が矢面に立てるのか? そういったことを突きつけられます。

モノクロームとカラーの世界の対比の中、映画のように一瞬音が止まり、その後、轟音が鳴り響く時は読んでいて思わず目を閉じてしまいましたが、自らの光を失った時正が見せた優しさに心を打たれました。

★★★ Excellent!!!

――

戦争は悲しい結果しか生まない。

それはきっと誰も否定できないことだと思う。しかし、実際に体験した人とそうでない人との間にはその認識に大きな隔たりがある。

音々ちゃんや桃弥くんだって、読んでいる私だってそう思っている一方で、自分には関係のない出来事だとどこかで思っている。そんな彼らが戦時中の同年代の少年たちと出会い、親交を深める中で戦争というものを身近に感じ、その深刻さを知っていく。

本作は、戦争の悲しみを読者に切に訴えてくる作品だと思います。音々ちゃんや桃弥くんが現代にいる普通の子供たちだから、彼らが感じたことがすうっと気持ちの中に入ってくるのかも知れません。少しでも多くの人に読んでもらいたい、そう思います。

★★★ Excellent!!!

――

1945年8月2日のヒロシマにタイムスリップしたとしたら、あなたならどうしますか?

あの日まであと4日。
お国の勝利を信じてお国の為に尽くす日々。

原爆?
敗戦?

そんな言葉が存在しない世界。

このレビューを見てくださった方。
どうか本作品を読んでください。
ひとりでも多くの人にこの作品の必要性を伝えたい。

つばさ文庫小説賞参加作品です。
各エピソードも短く、文章も読みやすく、
小中学生にも読みやすいと思います。
好感の持てる登場人物に感情移入もしやすいです。
次へ、次へとスクロールさせる指がとまらないのも、作者さまのさすがの展開力です。

戦争のこと。
原爆のこと。
平和のこと。
全世代の方が読むべきです。
考えさせられる作品です。

★★★ Excellent!!!

――

という作品がカクヨムの中にはたまにあります。これはまさにそんな作品です。現在最新の26話を読んだところですが、このタイミングでレビューを。
原爆の事、戦争のことをメインテーマにしつつ、タイムスリップを絡めたエンターテイメント性の高い物語です。
重いテーマを読みやすく、避けがちな問題を改めて考えるきっかけにしてほしい、そんな意欲・作者の想いを感じる作品でした。

物語は広島に住む桃弥と音々という二人の高校生が、過去から現れた時正君と知り合うことから始まります。
この時正君、なんとも不思議な人物で、原爆投下直後から現代にタイムスリップしてきたようなのです。
最初は信じられない二人でしたが、時正君は音々ちゃんの祖父と知り合いで……と話は冒頭から驚きの展開が続き、ストーリーから目が離せなくなります。

読みやすく平易な言葉で書かれた文体、魅力にあふれたキャラクターたち、次から次へと先が気になる構成力は物語の魅力たっぷり。
そんなハラハラドキドキの物語の中で、時折直視すべき大事なテーマがいろいろと語られていきます。
これは是非小学生くらいから大人まで、沢山の人にぜひ読んでもらいたい素晴らしい作品です。

幸いなことにまだ連載中ですので、ぜひ今から追いかけて読んでほしいと思いました。