墜奏のエルンダーグ【KRF大賞】

作者 鉄機 装撃郎

192

70人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

巨大なロボットが正義のために戦う作品が、面白くないわけがない。
戦えエルンダーグ。
作品も読みごたえがあるのですが、作者様のペンネームも素晴らしい。

私は、小説というものは主に登場人物の心情や情緒を描くものだと思っていました。
しかしながら、金属の擦れる音、注した機械油の匂いまで伝わってくるかのような描写の、この作品を読み考えを改めました。

★★★ Excellent!!!

ひとつだけ希望を抱いて、少年は死地に赴くアローヘッドとなった。
絶望に満ちた未来、何もかも失くした果てに……連載中に読んでいたら、すごくやきもきさせられる作品になっていたと思います。
おそらく一つの到達点、そう思える程に圧倒的な作品でした。

読んでいる最中、ある作品を思い出したんですが、切り口が予想外で異なったものになっていて。
読むと人生の糧になる、そういっても過言ではない作品になっていると思います。

★★★ Excellent!!!

あらゆる点において圧巻の完成度を誇るこの作品において、まず特筆すべき点は、圧倒的、ビックスケールな戦闘を緻密な描写で表している点だろう。
超巨大ロボが無数の敵を滅ぼさんと戦い、「発射!」という春季の言葉は世界を揺らす。超巨大ロボ・エルンダーグは我々の想像の上を動いて行くのだ。

魅力的な主人公も素晴らしい点であろう。ただ少女の為に過酷な戦いを生き抜いていく。衝撃的な開幕の後に、180度変化する世界に身を置く主人公の「強さ」に、感動することは間違いないだろう。

エルンダーグは、壮大なロボ作品のロマン、そして少年と少女の思いの物語である。是非、貴方もこのカクロボ歴に残る超大作を読んでほしい。

★★★ Excellent!!!

外敵はもちろん、自分の弱さまでも敵にして、ただまっすぐに突き進む主人公・春季は、困難な状況でも、絶望の中でも、決してあきらめない。
世界を敵に回しても、約束を守るために戦う姿に感動しました。
そして、「うそつき」と言ってしまった冬菜。
その心を知り、後悔する姿を見せられては、もう涙しかありません。
理不尽に引き離されたふたりですが、時空をこえて迎える結末は、想像以上に素晴らしかったです。

『老潜機鋼ヘルダイバー』に続き、今回も深く心を動かされました。
素敵な物語を、ありがとうございます!!

★★★ Excellent!!!

少年少女の平和な日常は突然に崩れ落ちる。
とある事件で特殊であったことが発覚した少女は、非道な人体実験の道具にされる。
少年はその少女を救うべく、ロボットに乗る。
そう、自身もまた人間で無くしていきながら――

物語の序盤から苛酷で苛烈な展開が続き、主人公がどんどん人間でなくなっていく様には大いなる悲壮感があり、その中でも純粋な「フユを救いたい」という想いだけで走る少年の姿に、幸せになってほしいという願いを読者に抱かせますが、しかしそうは世界が許してくれません。
後半に明かされる重大な謎からのスピード感がある展開。思わず後半部は一気に読んでしまいました。

KRF大賞に文句なしで相応しい作品です。
ロボット好きもそうでない方も、是非とも読んでほしい作品です

とてもおススメです。


★★★ Excellent!!!

 エルンダーグは狂気のロボット兵器である。敵性勢力の存在を強引に人型に形成し、それをコントロールする為に人間の価値観を持つ存在をただの部品として扱い、文字通りに地上への帰還どころか作戦を成功させ無事に帰還する事すら半ば投げ捨てた特攻兵器と呼んでもいいだろう。だがしかし、たとえパーツとして扱ったとしても最後まで搭乗者であるハルと共に長い時を戦い抜いたエルンダーグは文字通りの半身であり、そして相棒だったのだと思う。最後に全てが消えてしまうとしても。少年と少女の手に残ったのは成し得た成果と比べれば本当に小さくささやかなものでしかない。けれど本当に片手に収まるようなそれを手に入れる為、長い時間、遥かなる宇宙の果てまで、エルンダーグとハルは駆け抜けて―― その最後が文字通り地球を滅ぼしかねない愚行であったとしても共に貫き通した事に価値があった――

 と、途中まで真面目な感じで書いたけどダメだね。こんなこと皆言ってるよ! じゃあ何を書けば良いかって? 決まってる。エルンダーグがどんだけロマンの塊かって事を書くしかねーだろうさ!

 まずパイロット。お腹に強引な循環ポンプを突っ込み毛細血管レベルで強化、限界を超えたGがかかっても平気にする。普通なら慣性制御の一言で済ませる部分をここまでおぞましくも強引に推し進めるのは文字通りのロマン。

 次に発射シーン。キノコ雲を立ち昇らせながら発進するロボットなんて中々いないというか下手するとこれだけで基地の機能が停止する恐れがありそうなのがロマン。

 更に火器。609.6mm試製甲型電磁投射砲と書いてブリッツバスターと読む! この時点でロマンの塊というか下手しなくとも人類史上最大の口径を持つ火砲ではなかろうか? 実戦ではこいつで接射までかますとかもう脳汁が出ない奴はロマンが不足してるね。エルンダーグで摂取しろ。

 そして当然の殴る蹴るの暴… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 原初、ロボットとは友であった。涙を流すことも言葉をしゃべることもなく、それでも主人公の心を映して友情と正義のために力をふるう、血潮を分かち合う兄弟であった――

 いつからだろう? 搭乗型のロボットがともすれば主人公を欺き蝕み、あるいはその血肉を食らい時に全人類を滅ぼして顧みぬ、裏切りの器である可能性をにおわせながら描かれるようになったのは。

 この作品は、ロボットがそうした不穏な存在として描かれるようになった時期に重なる潮流である、セカイ系の外観をなぞるように描かれている。発端から途中まで、その展開はあまりに不穏で悲劇の予感に満ち、痛々しい。
 少年を導くべき大人たちは保身と欺瞞に身を鎧い、或いは科学という名の狂気にとりつかれて、少年とその幼馴染のヒロインを、無残な饗宴の贄としてテーブルの上に引き据え、哄笑するモノのように描かれる。
 そんな中で少年が身を委ねさせられるロボットが、まともであろうはずなどない。現に、エルンダーグはそれ自体が少年をさいなむ拷問装置のようにおぞましく無慈悲に機能し、彼と少女を相対論的時間差の中へ引き裂いてしまうのだ――

 だが、しかしである。

 補給すらままならぬ宇宙の彼方へ彼を連れ去りながらも、エルンダーグは決して裏切らないのだ。
 少年の意思を、悲しいまでの願いを、不屈の闘志を、肉体の限界すら凌駕する執念を、そして彼が人間性を捧げて手にしたその性能に対する信頼を!!

 こんな熱いロボがあるか? あったか? 

 断言する。ない。これほどまでに血みどろで苦痛に満ち、孤独と絶望に締め上げられながらも、エルンダーグは決して止まらない。沈黙しない。斃れない。
 これほど熱く、読者の期待を上回り、天上天下に自らが最強にして絶対の存在であることを叫びとどろかせるロボットを、私はこれまで見たことも聞いたこともない……まったく、冗談じゃないよ!… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 質量を感じる作品である。

 つまりは慣性と重力であるが、慣性という名の感性であり重力という名の獣力を以て、作者である鉄機 装撃郎 氏は、この存在感ある作品を完成させたのだと叫ばせてもらおう。

 コイツは何を言っているんだ? と思われた方もいるかもしれないが、ワタシも何を書いているんだ? と感動に戸惑いながらのレビューなので安心して欲しい。
 安心出来ないか、だが作品のクオリティは、保証させてもらう。

 話は逸れるが、氏の前作『老潜機鋼ヘルダイバー』(公募の為、現在未公開)を読了したときにも感じた力量の伸びを、今回も感じた。
 好きなことを書く、突き詰めていけば、こうもなるか、と。作品を完結させる度に、ひとつのリミッターを解除していくかのようである。読者として実に喜ばしい。同じ書き手としては実に妬ましい限りであるが(笑)

 さて、『墜奏のエルンダーグ』に戻ろう。

 我が身を化け物に変え、愛機を魔神へと変え、世界を敵と変えてまでも。
 その少年の重い想いは、揺らぐことなく愛する幼馴染みを救うという芯より動かされることはない。強い想いは慣性を得てフルスロットルのまま未来――結末まで辿り着く。
 この質量である。

 あまりにシリアス。
 あまりにグロテスク。
 あまりに稚拙なまでの、されど純度の高い少年の幼い恋心を、この暴力的なまでの加速度を、カタルシスと呼ばずに何と形容しようか。

 広大な絶望の闇の中で、小さな希望の光は確かに輝く。
 刻は巡り、季節は巡り、フユの元にはハルがくる。

 If winter comes, can spring be far behind?――冬、来たりなば、春、遠からじ。

 墜奏のエルンダーグ――それは、あの季節へ、辿り着く為だけの戦いである。

★★★ Excellent!!!

戦闘描写が熱い作品でした。
主人公が最終的な目的を果たすまでに繰り広げられる戦闘や葛藤、様々なものが主人公に迫り、目的を達成するための意志の強さが試されます。
主人公に課せられる制限や心の葛藤が描かれていて、物語を奥深いものにしています。
冒頭から幼馴染を奪われ、主人公に突きつけられる絶望感から、この作品に惹かれました。

果たして、主人公の願いは成就するのか!?
是非、最後まで読んで確かめてみてください。

★★★ Excellent!!!

徹底的なロボ描写。徹底的なSF描写。そして緻密に計算された戦闘描写と、大胆かつカタルシス溢れる大破砕描写……。


本作には、語りきれないほどの数々の魅力が詰まっています。そして、それらの魅力を一つの線でつなぐのが、主人公ハルの、ヒロインであるフユへの想いです。

残酷とも言える描写や、ある種、淡々とするに過ぎる星間描写などもありますが、読み終わった後ではそれら全てが主人公ハルの覚悟と決意、そして必死の想いの現れであったことが良くわかります。
他のレビュアーの方が仰っているように、その想いは半端ではありません。その想いの強さは、もはや透明感すら感じるほどです。そして、本作を全話読み終わったその瞬間、ハルの持つその透明な想いは、星々と大地、そしてハルとフユ、二人の頭上に回帰します。

この構成は見事としか言い様がありません。


ただ、一つ惜しい点を上げるならば、物語の導入が弱く、それでいて非常に過酷なため、心臓の弱い私のような読者は読むのを止めてしまう可能性があることです。より広く、多くの方に『ラストまで』読んで欲しいが故に、この点だけは本当に指摘せざるを得ません。


いずれにせよ、物語全体をみたときにその素晴らしさが最大限昇華される作品です。どうか一人でも多くの方に読まれることを祈って、ここにレビューを書かせて頂きました。

素晴らしい作品を読ませて頂き、本当にありがとうございました!

★★★ Excellent!!!

全ては平安の内に収まり続けるはずだった。
地球を襲う謎の侵略者〈外訪者〉。幼馴染——いや、1組のカップルの運命はアウターによって絶望へと変えられる。
〈外訪者〉の侵食のために実験体へと落魄した彼女〈フユ〉を救い出すため、青年〈ハル〉は自らを過酷な宿命に導く。
青年が駆り出す乗機はバケモノ……その名も、エルンダーグ。

貴方は、青年が彼女を想う心に胸を打たれるだろう。
貴方は、青年の自己犠牲の精神に心を締め付けられるだろう。
貴方は、青年の変貌に身を震わせるだろう。
貴方は、青年を奮撃させるエルンダーグに慄くだろう。

彼女に否定されようと、見向きされないとしても、自分の決意を己の心が否定しようとも、それでも前進するフユの勇姿は、僕の脳裏に深く深く焼き付いた。
感動の二文字では表せない物語……いや、超大作がここにある。
お勧めだ。

★★★ Excellent!!!

少年がロボットに乗る理由は何か。己の正義か、野心か、それとも力を望むが為か。否、全ては愛する少女を救うが為―――。
敵対するエイリアンとの過酷な戦い。肉体的には勿論、味方が皆無という孤立無援の中で少年は宇宙の深淵へ突き進む。
たった一人だけで敵と戦い、更に突き進むという後戻りは出来ない状況。常人であれば精神が折れてもおかしくないのに、それでも諦めずに前へ向かう少年の姿に心を打たれました。
この結末がどうなるのかが気になる次第でございます。

★★★ Excellent!!!

 宇宙のかなたに巣食う一万の敵を、単騎で殲滅に向かう魔神。

 コックピットに収まるは、すべてを失い、たったひとつの希望に縋る少年。

 ハードな設定、絶望的な戦い、パイロットを喰らう機体。

 

 そして男心をくすぐるメカ描写。

 エルンダーグの発進シーンといい、虚空での武器とのドッキング。さらにその武器の無茶さ。


 あらゆる部分が「堪らない」作品です。

★★★ Excellent!!!

 今後、どう進むのか未知数ながらも、圧倒的スケール感が魅力的。
 謎もさることながら、登場人物の行く末が気になって仕方がなくなるのは、ストーリーの妙でしょうか。
 散りばめられた謎、膨大な数の敵、人類さえも味方とは言えぬ、孤立無援の絶望的な戦い。
 彼らに待ち受けるのは優しく幸福な終焉か、美しい悲哀の終焉か。

★★★ Excellent!!!

ロボット好きとして、これは読んでおかなければ、という作品に出会えました。
王道な展開でありながらも、SF的なギミックなどが散りばめられていたりなど、作者の個性も光っています。
シリアスなストーリーであるだけに、戦いを決意する主人公の切実な想いが突き刺さるようでした。

★★★ Excellent!!!

敵性生命体〈外訪者〉の脅威にさらされた地球。その田舎に住む春季と冬菜。
彼らの日常が刻々と崩壊していく。その過程は何とも生々しく、惨い。そしてその惨さを平然とする大人たちも、ハッキリいってまともではない。

それでも春季は戦います。幼馴染を救う為に、狂気の具現者エルンダーグに乗って。どうなるのか予測できませんが、それでも平穏に戻って欲しいと願うばかりです。

ダークなロボットストーリー。ぜひ読んではいかが?

★★★ Excellent!!!

シリアスを書く。その言葉に違わぬ、一切の躊躇もない文字の並びは圧巻である

濃密かつ鮮明な描写が、読者に強烈な印象と衝撃を与える
読んでいて心とか胸が苦しくなるのだから、恐るべき作品である

なのだから、願うは悲しき終わりではなく、幸せな終わり。そう考えてしまうのは、自身が二人の関係に感情移入してしまってる証拠なのだろう

★★★ Excellent!!!

 のっけから異形の巨大ロボと、そのパーツになったかのように埋め込まれた少年のシリアスな描写。残酷で残虐な巨神に繋がれ、薬物の投与まで受けて戦う少年の、その理由は…!?と、ツカミで思いっきり鉄機 装撃郎先生の鉄機節が全開、最高です!容赦を知らない徹底した世界観の中で、豊富なSF知識がガジェットとして散りばめられた物語…そして、プロローグから一変しての、本編時間軸の超ギャップにやられましたね。この冬、連載を追いかけたい作品がまた増えました…オススメです!

★★★ Excellent!!!

やっと読めた。やっと読了出来ました。

多分、初めてカクヨムの小説を読んで目尻に涙を浮かばせたと思います。『墜奏のエルンダーグ』を只のロボ小説だと思ってるアナタ、甘く見たら死にます(主にカタルシス的な意味で)

作中の躍動感たるや凄まじきことこの上無し、作中の伏線や作りは一級品。
どれをとってもカクヨムロボどころか普通にアニメ映画化してもおかしくない出来映えに、あなたは慟哭を隠せないはずです。
というか早く映像化してください。

某SNSでは仲良くさせて頂いておりますが、こうして見るとあんなことやこんなことをしている方が書いてるとは思えない……(超失礼)
むしろ、この完成度の作品を見てしまっては、自分が書いてるロボ小説が只のそれっぽい文章の羅列にしか見えなくなりました。いったいどうしてくれる。

もはや、オススメなんてレベルじゃあない。カクヨム小説を見るならば必ず目を通すべき作品だと私一個人の感想でした。


私としては特に終盤がお薦めですね。まさかエルンダーグがあんなことをそうしてしまうとは思えませんでした。