彼女の右手

作者 侘助ヒマリ

149

57人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

会社へ向かうルートを変えてでも朝一番に顔を見たい、話したい彼女の薬指には光るものが……それでも彼女の近くにいたいと思う彼の一途さに乾杯なのです。
どうなってしまうのか不安になる展開も含め……こ、これぞ!大人の恋愛ストーリーだぞって感じでした~。

★★★ Excellent!!!

男性視点で展開される恋愛物語です。

少ない文字数なのに濃厚な感情表現や物語の変化が描かれています。

一人称での感情表現が少なめで読み手との同調感を誘う技法。女性側の変化を無駄なく描写し女性キャラの感情が主人公と同様に読み手に伝わる。

洗練された技術が物語の展開を一層惹きつけてくれます。

恋愛物語に大事なのは両者の感情をどのように読み手に伝え、構成する割合の大切さを再確認させられました。

恋愛したくなります♬

★★★ Excellent!!!

どうなっていくのかどきまぎしながら拝読させて頂きました。
相手の気持ちを想像しつつ、自分にできることを精一杯行うのは勇気がいるし、大切なことのように感じました、

彼女さんは策士策に溺れる、といった感じで……
作中の年齢なら、そりゃ『結婚を前提に』といった考えでもおかしくないですよね。

次回作は左手かな? それじゃ意味ないじゃん!(笑)

★★★ Excellent!!!

主人公の三神は片思い中の女性、小長谷芙海と話をしたいがために、早起きをして彼女との通勤時間を合わせていた。でもその彼女には付き合っている男性がいて……。

結論から言って、最高の恋愛ストーリーです。「切なさはいらない、恋愛物はハッピーエンドで終わってほしい」という私の主観的感想ですが、これは本当に良かった。つまり三神への感情移入度の高さゆえ、そのハッピーエンドにグッとくるのです。

なのでもしかしたら男性読者のほうが楽しめるかもしれません。年上の綺麗な女性とこんな恋愛してーって思うこと必至ですから。

ああ、恋愛っていいな―—。

素敵な恋愛ストーリーを皆さまも是非(⌒∇⌒)

★★★ Excellent!!!

同じ作者様の作品を読んでみて、
とても興味を惹かれたのでちょこちょこお邪魔していますが、
この作品は色んな意味で秀逸ですね。

まず文字数。
よくもこんな限られた文字数でここまで人間模様を詰め込んだなと。

そして情景。
男性の純粋でもありドス黒くもある心情を見事に表現しておられます。

女性の心情描写も良いですが、男性のそれと比べると見劣りします。
この部分に関しては2回読み返したのですが、
限られた文字数でどちらを優先するか、
となった時により効果的な方を優先された結果だと解り、
うん。さすがだなと思いました。

メインの登場人物はどちらも大人なのですが、どこかまだ未熟で、その行方を応援したくなるような恋のお話です。

皆さんも一緒に応援しませんか?

★★★ Excellent!!!

最初から最後まで主人公の一途さに引っ張られて読みました。あと一歩詰め寄りたいのに、そこにあるものにシャットアウトされるかんじはよくわかります。あれがあると本当に踏み込めません。ぼくも確認してしまうんですよ。でもこれを読んで本当に思いました。一途はいい。一途はいい。一途はいい(三回言うほどには強く思いました)
男の一途さを見よ!!男ってかわいい生き物ですよ!!

★★ Very Good!!

 彼の気持ちになると色々と考えてしまう小説です。
 きっと悩み、悩みぬいて、それで決断したことなのでしょう。
 私には彼のような気持ちにはなれないです。
 それはきっと、それほどまでに好きになった人がいないからでしょう。

 最初にも述べましたが、もう一度述べます。

 これは色々と考えてしまう小説です

★★★ Excellent!!!

同じ会社の、年上の女性に想いを寄せる男性。その女性の指にはめられた指輪。そして物語は始まる。
素敵な短編小説です。二転、三転していく過程を、男性の行動や心境を通じて読み手を引き込みます。真っ直ぐな心の持ち主である男性の変化を、見事に描写しております。
喜怒哀楽を、無理に凝った描き方をせずにサラリと読ませるなんて、作者はテクニシャン。
ホッとするラストシーン、ぜひご覧ください。

★★★ Excellent!!!

いやーキュンとしました。
正統な恋愛小説だと思います♪

読者として、小説を読んでいて「年下の男の子の恋愛を応援する」ってよくあるシチュだと思うんですけども
それでも自分が”一人称が僕の青年”にここまで複雑な心境を抱いて
心がドキドキしてしまうと言うのは
私が歳を取ったのかもなぁ(*´∀`*) と思ってしまいました(笑)

非常に風景描写がよくかけていて
全く土地勘のない私でもオフィス街にいるような気がしました♪

★★ Very Good!!

小難しい事は考えず、5,000字ちょっとのショートストーリーに身を任せると、ほんのり甘い気分を味わえます。
六本木かぁ。もう30年近く行ってません。実際の六本木は知りませんが、この作品を読んでいると、六本木の通勤風景は歩く人の歩調もゆっくりなのかなぁと思いました。やっぱりお洒落。
まだまだコメントしたい事は有りますが、ネタバレになりかねないので、この辺で。
星の数は、短編にはMAX2つが私の信条だからです。

★★★ Excellent!!!

大人の恋愛小説でした。
でも、主人公の男性視点に独特の雰囲気があって、気持ちよくスイスイと読めます。
これぞ男の純情!(笑)

さて、ラノベ界隈だと年下の妹キャラなどが鉄板の人気を誇るのですが、実際には年上女性が好きな男性も世の中にけっこう居ます。
ただし、女性は魅力的であればあるほど、多かれ少なかれ自分以外の異性からも好意を抱かれている可能性が高いのが現実で、やはり一筋縄ではいかない難しさがありますよね。
まして、それが年上ともなれば尚更。

そのあたりのもどかしさで、悶々とした(でもそれが妙に心地良い)感覚を楽しめる掌編です。

★★ Very Good!!

大人の恋愛もの。

六本木の街を舞台にした大人のお話で、登場人物たちの距離感も雰囲気があってよかったです。普段青春SFものばかり読んでいるせいか甘酸っぱいストーリーに染まりきっている私ですが、たまにはこういうビターなストーリーも新鮮でいいものですね。

大人なお話が好きな方はもちろん、普段そういう作品を読まない方にもオススメできるいい作品でした。気になる方は読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

そのためにはボクが隣にいないとダメ。ボクがいることが条件なんだ。
この景色をこれまで見たことのないものに変えてあげる。
――ぐらいの強引さが欲しいな。じゃないと簡単に「うん」なんて言わないぞ。おねえさん❤

場所を知ってるだけに景色が浮かんでリアリティがあります。
ストーリーはベタだけど描写は楽しめました。ついでに個人的な妄想もセットで(笑)

ラブストーリーの短編は明るいハッピーエンドがイイね❤