フォルカスの倫理的な死

作者 枕目

1387

517人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 もし仮に、人間がコピーしか必要としなくなったら、世界はどうなるだろう、と考えた。きっと、人間の必要性すらなくなるのではないか。
 現在、食品には「遺伝子組み換え大豆不使用」とか「有機栽培」とか自然なものが安全なものとして、表記されている。それが反転した世界に主人公がいる。
 主人公は「自然な肉」を食べたかった。それは人間が自然に生きることの意味を読者に問いかける。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

他の方がおっしゃているように、何十年後かに読まれた時、どういう感想を抱くか。
まさかこんなことあるわけない。そう否定したくても否定できない。そういう恐怖がここにはある。
今この話に恐怖する人が、何十年後かには少数派になるかもしれない。
ぜひ、読んでほしい。そして今抱いた感想を、恐怖を、ずっと忘れないでほしい

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました