名無しの女

作者 八島清聡

353

126人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

名前はないという女性と、憲兵隊長を務める少佐の恋物語。
淡々と紡がれていく物語は、最後のシーンへと集約されていきます。
これまで思い描いてきたものが、一瞬で覆される最後のシーン。
真暗な夜空を焦がす炎の色が目に見えるような。
映像が目に浮かぶような、心揺さぶられる物語。


★★★ Excellent!!!

 この女性には、本当は名前があったのでしょう。
 でもそれすら捨てて、心に決めた事を為す。

 糾弾する訳ではないですが、どんな正義を志そうとも、他人の命を奪えばそれは『悪』でしかない。その事を、この女性はわかっていたのでしょうか…?

 何ともやりきれない、だから物語は面白い。

★★★ Excellent!!!

戦争が終わり、代わりに反政府組織によるテロリズムの嵐吹き荒れる国。戦争の英雄で今は憲兵隊の最精鋭であるアレックス・バトラーはある夜、1年前に死んだ妻とどこか似た娼婦と出逢い、しだいに溺れていく。

こちらの作品のテーマは「別れの一瞬」ですが、そこまでの心情エピソードの積み上げかたが本当にすばらしいのです!

最後の最後で物語にはふたつの意味での“別れ”が訪れるんですが、過程で高まりゆく「悲劇のにおい」。それを嗅ぎ取っていながらも惹かれあうことしかできず、果たして別れゆく男と女。
後に残される真実――まさに極上のメロドラマ(あえてこう表現させていただきます)がここにはあるんですよ! 
それをたった1万字ちょいで成立させてるんですから、著者さんお見事! としか言い様がありません。

巧みな筆によって醸し出される余韻とにおい。ムーディーな悲恋をこの上もなくさらりと味わえる一作です。

(目を持って行かれた“テーマ”4選/文=髙橋 剛)

★★★ Excellent!!!

小説投稿サイトの例にもれずこちらも異世界転生や学園ラブコメが席巻しているのかと思いきや、こんなお話しもあるのですね。
ある意味感激してしまいました。
とても悲しいお話しですが、一つ一つのシーンがセピア色の映画のように美しく情景が心に焼きつきました。

テーマらしき「別れの一瞬」とはどこだったのでしょうか。
私は女が時計塔から外を眺めるシーンだと思います。
本当は別れたくなかったのでしょうね。ボタンを握りしめていますから。
あまりに切ない……
ですが、大好きなお話しです。

★★★ Excellent!!!

ストレスフリーに 読むことができた 
きちんと 情景が浮かぶほどの情報量はあるのに
読んでいて 苦にならない 
読んでいて ちゃんと リードしてもらえてるような
なんというか 読んでいればちゃんと答えまで導いてくれる
そんな 印象を受けました

ぜひ すんなり 読んでいただきたい

※ここからは あくまでも 個人の感想です

名無しの女と彼の間には「愛は無かった」

これが 自分ができる 最大の敬意であり
    貴女に近づける 最大の一歩です。



★★★ Excellent!!!

 短編ハードボイルドの傑作です。

 本作を一言で言い表すなら『過酷な現実の渦中に生きる人々の鎮魂歌』です。作品世界は非常に過酷で、仄かな希望も無残な暴力の前に潰えていきます。作中に全く救いはなく、ラストにはただ無念さが残るだけです。非常に虚しい灰色の物語――それが本作の持つ強烈な魅力になっています。

 渋い物語が読みたい方は是非どうぞ!

★★★ Excellent!!!

約1万文字の文章の中に、深いストーリーと素晴らしい情景描写と男女の心理描写がつめこまれています。ただ、闇雲ではなく、読み手がストレスを感じることのないよう理路整然と形作られています。

まさに「お手本」とか「教科書」といった表現がぴったりの文章。読み手として堪能するとともに、書き手として勉強させてもらいました。

改めてカクヨムに来てよかったと思いました。
こうして得るものがあるのですから。

おかげ様で有意義なお昼休みとなりました。
ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

とてもよくできた作品だと思う。
運営はシナリオの見本として選出したのかと思うほど、実に洗練された、
上手な話運びである。
物語というものを実に正しい型で書いている。


ただ大変失礼ながら、その分もったいないというか気の毒にも感じた。
自分も含めてネットでタダで小説を読もうというライト層には
あまりにレベルが違うし、ついていけないように思う。

この小説が恋愛ジャンルにあることすら痛々しい。
せめてライト文芸のカテゴリがあればいいのにと願わずにはいられない。

★★ Very Good!!

背景設定、男女の仲の展開のさせ方、最後の終わり方、それらが全て大人の物語です。舞台は、第二次世界大戦の欧州戦線を扱った映画の一部のよう。まぁ、辣腕の憲兵隊長と聞くと、銀英伝のケスラー大将や鋼の錬金術師のマスタング大佐を、私が連想するからなんですが。だから、この作品のようなストーリーの映画は、観たことが有りません。ネタバレになるので、この辺で。
なお、星の数は、短編には星MAX2つが私の信条だからです。

★★★ Excellent!!!

カクヨム放送局選出作品ということで拝読させていただきました。
すばらしい小説でした。見事に世界観を確立した上質なファンタジーです。


話の内容は各自好みがでると思いますが、とにかく構成が秀逸だと感じました。
無駄な文章が一切ありません。
長くも短くもなく、要点が簡潔ですっきりとまとめてあり、淡々としているようで情緒深い。
ばっちり起承転結。何か職人技のようなものを感じました。
小説を書くときに参考にしたいくらいです。

カクヨム運営は見る目があるなあ・・・・・