名無しの女

作者 八島清聡

最後の余韻に、万感の思いが込められている。

  • Good!

ただ残酷で悲壮な物語が、何故か美しく心に残る。
その美しさは、主人公の愛情の美しさだと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

白里りこさんの他のおすすめレビュー 300