名無しの女

作者 八島清聡

確かに、そこには、愛があるのです

  • ★★★ Excellent!!!

名前がなくたって。名無しであったって。
そこには確かに愛がありました。
彼女は幸せだったのです。
だからこその「ありがとう」だったのだと。
可哀想なのはいつも残されるほう。
彼の気持ちを思うと泣けて泣けてしかたありません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー