名無しの女

作者 八島清聡

真暗な夜空を焦がす炎の色が目に見えるような

  • ★★★ Excellent!!!

名前はないという女性と、憲兵隊長を務める少佐の恋物語。
淡々と紡がれていく物語は、最後のシーンへと集約されていきます。
これまで思い描いてきたものが、一瞬で覆される最後のシーン。
真暗な夜空を焦がす炎の色が目に見えるような。
映像が目に浮かぶような、心揺さぶられる物語。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

かわのほとりさんの他のおすすめレビュー 136