名探偵への道

作者 桐華江漢

ミステリー+バトル++使い魔+成長=現代的ミステリー小説

  • ★★ Very Good!!

 私の中でミステリー小説は「お堅い」イメージがあるのですが、
 この作品は、読みやすい文章、レゾヌマンという「試合形式」の推理バトル、(私的には)マスコット的存在の使い魔、そして作中の主人公の成長など、漫画やライトノベルのような「現代的」な雰囲気を感じました。
 文字数の関係で今回はほとんど出番がなかったキャラクターや回収されていない伏線がたくさんあり、
  これからどのように物語が展開されるのか?どのように主人公が名探偵に成長していくのか?主人公の父が追う謎の結末は?
 期待の要素が盛りだくさんの作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

山下ひろかずさんの他のおすすめレビュー 210