名探偵への道

作者 桐華江漢

154

62人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

超一流の「名探偵」を父にもつ、ダメダメな主人公。
彼の苦悩と成長を描くコメディータッチな学園ものです。
最近勢いが止まらない某ヒーロー漫画を探偵バージョンにした感じでしょうか?

称号としての「名探偵」、喋る動物「使い魔」、成績を賭けた推理バトル「レゾヌマン」など、設定がとにかく秀逸です!
強敵や未解決の謎も残されていて、続きが気になってしまいます。
ミステリー好きにはもちろん、万人にオススメできる作品です!

★★★ Excellent!!!

思わず一気読みさせて頂きました。
「名探偵」というキーワードからミステリーの要素も多分に含まれていますが、これは紛れもなく胸を熱くさせる青春学園小説です。

誰もが認める『名探偵』を父に持つ修也は、自身もその『名探偵』を目指し、探偵を養成する学校に在籍していますが、彼の前に次々と現れる壁、壁、壁──……。

その壁をどう乗り越えるのか。
そして修也はどのような成長を遂げるのか。
名探偵の道は何なのか。

全ては読めば分かります!
そして読めば必ず満足します!

さあ、修也たちの楽しくも厳しい学園生活にどっぷりと浸ってください!!

★★★ Excellent!!!

少年漫画を思わせる熱い展開に、ミステリーの要素も満載。
何よりキャラクターが生き生きと描かれている!

舞台は現代をベースとした、名探偵が名誉職という世界。名探偵には使い魔が付くというファンタジックな設定もありますが、上手く混ざり合っていて違和感がありません。
そう思わせる要因は、本作の持ち味であるコミカルさでしょう。
主人公の修也を始め、ヒロインの千鶴、お目付け役のエル、その他のキャラクター全てが個性的で、彼らの小気味よい掛け合いは読んでいて楽しいです。

本作の魅力はそれだけではありません。
主人公の修也は名探偵の息子、なのに才能を開花させられず、理想と現実の差に悩みながら、時には卑屈になってしまいます。
ともすれば、とっくに心が折れていてもおかしくないのに、彼は名探偵になることを絶対に諦めないのです。
大人になると諦めることが当たり前になってしまうものですが、本作は諦めない心の強さを教えてくれます。
プロの作家になりたいけど、なかなか自分の作品にスポットライトが当たらない、もしかしたら自分には才能が無いんじゃないか……そんな悩みを抱える書き手さんにオススメの一作です。

★★★ Excellent!!!

主人公は探偵養成学校の劣等生。
名探偵である父に憧れながらも、日々課題に追われるだけの学園生活。

そんな彼のお尻を叩くのが、使い魔の猫であるエルとクラスメイトの千鶴ちゃん。

学園ものと探偵もの、という楽しさの王道をミックスし、しかも使い魔も活躍するファンタジー的世界観も魅力です。
そして登場人物と物語の少年漫画的な熱も!

まさしく漫画を読んでいるように情景が浮かぶので、きっと皆さんスラスラ読み進めることができるはず!

探偵、学園、少年漫画、このキーワードに惹かれた方は、ぜひお読みになってください!

★★★ Excellent!!!

ミステリーでありながら、良い意味で少年漫画のテイストを盛り込んだ意欲作。一旦完結していますが、続編も予感させる結末でシリーズ化など今後の展開にも期待が持てます。

「消えた父と息子」を題材としているのがミステリーの謎としても成長物語としても功を奏しています。ミステリーは不利と言われるネット小説界。その大きな壁を乗り越えようと果敢に挑む作者様の姿が重なります。

主人公の修也くんは偉大な父親との再会を果たし、名探偵への道を歩むことができるのか? どうかその結末を、皆様の目でお確かめください。

★★★ Excellent!!!

名探偵の父を持ち、自らも名探偵を目指す少年・修也の笑いと勇気にあふれた奮闘記です。

名探偵が世の中から憧れられる存在であり、最高ランクである名探偵には使い魔が与えられるというファンタジックな世界が舞台のこの作品は、どこか少年漫画を彷彿とさせます。
作者さまの持ち味であるコミカルなシーンを中心に明るく楽しい学園生活が描かれる中、修也は行方不明の父の謎を追い、ミステリーとしても面白く読める作りになっています。

たくさんの笑いや失敗の中に、熱く語りかけてくるものがある。名探偵になるために、ということに限らず、私たち読者にとっても諦めないことの大切さを教えてくれる、そんな作品だと感じました。

修也の成長を見守りながら、ぜひ驚きの結末も楽しみに読み進めていただきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

名探偵になるための学園に通う修也。『名探偵』が称号だったり喋る猫の使い魔がいたり少しファンタジーテイストで不思議な世界観の作品です。
謎解き部分もさることながら、他のキャラたちとの掛け合いの面白さも見どころの一つ。
ヒロイン千鶴や使い魔エル、ミステリアスな如月学園長など出てくるキャラが皆濃いキャラで良い味出してます
ちょっとおかしな探偵学園の授業内容や合宿の様子も面白く、探偵ものなのに、少年漫画を思わせる熱くて目が離せない展開。
盛り上げどころもバッチリで楽しいエンターテインメント作品です。お見逃しなく!!

★★★ Excellent!!!

 この作品はミステリー小説でありながら学園系、バトル系の少年漫画のような特色があります。

 それは主人公のキャラクターだったり、行方がわからない憧れの父親を持つ少年という設定だったり、至るところから感じられます。

 ミステリーをバトルにするいう発想も非常に面白く、ミステリー好きも、バトル系好きも、学園もの好きも皆楽しめる内容だと思います。

 是非ご一読ください。

★★ Very Good!!

推理学園物、推理バトルがあったり推理の授業があったり探偵という職業が確立していたり、という舞台設定は非常に魅力的で少年漫画との相性も良いと感じた。発想の素晴らしさに悔しさすら覚えた。

だが、このストーリーは、これだけで読んだ時、読み手に物足りなさを残すだろう。
それは、主人公の今までを形作ってきた父親の存在、主人公が授業そっちのけで気掛かりになっている父親の存在、そして、この話でクライマックスの遠因となる父親の存在が、結局、謎を撒くだけ撒いてひとつも謎を回収せずに幕引きを迎えてしまったからだ。
たとえ壮大な物語の一部だとしても、この物語だけで完結と銘打つならば、父親のことについても何らかの解決、父親について悩まされる主人公の苦悶を追った読み手が納得できる答えを提示した方が良かったのではないだろうか。何のために主人公の心情を丁寧にえがいたのか、それが、せっかくワクワクドキドキできる描写でえがかれていただけに、もったいなく感じる。

とはいえ、読み手をアツくする技量の巧みな作家だと思う。使い魔のエール、その言葉の強さは心に響く。
謎解きもこじつけや無茶、ゴリ押しではなく、論理と理論で展開され、なるほどと頷ける説得力がある。
アツい、普通の戦闘とは一味違ったバトルを求める方は一読して損はないだろう。

★★ Very Good!!

面白かったです。ネタバレになるので、理由は書けませんが、これは序章であって、まだまだ物語は続くと思います。
全ての謎が解き明かされると、大いなる感動が待っていると思います。だから、続編を強く期待します。
でも、この作品だけ読んでも十分に楽しめます。

★★★ Excellent!!!

探偵学園にファンタジー要素の使い魔を付け加え、そこに助手の役割を持たせるという発想は、秀逸ながらも奇をてらわない王道!
平易な文章は少年少女にも充分読みやすく、レゾヌマンにて提示されたミニマムな推理問題には切れ味があります。
ついつい自分も読みながら謎解きに挑戦し、正解に辿り着けた際には思わずニンマリと笑みを零してしまいました^^

そしてなによりこの物語の最大の魅力は、使い魔エルが主人公に送る真っすぐな激励です!
頑張れという言葉さえ素直に解釈するのが難しくなった今の時代、これほど正面から飾りのない熱い言葉をぶつけてくる小説は、もはやあまり見かけなくなってしまったように感じます。

本来あるべき「少年誌」のコンセプトにもピッタリの素晴らしい作品だと思います!

★★★ Excellent!!!

読み応え大です。
落ちこぼれ主人公と、立派な父親。
学園モノで、ミステリー。
そしてなんとそこに加えて使い魔まで出てきます。ファンタジー要素ですね!
優秀な探偵にのみ従事する使い魔が、何故か成績ダメダメの主人公のもとに。
すぐにへこたれようとする主人公ですが、その使い魔の助けもあって、キラリと光る才能を見せてくれます。

彼が最後の推理バトルで見せてくれる輝きは是非ご覧になって頂きたい。

★★ Very Good!!

人の成長ほど、読んでいて気持ちいいものってないですよね。
これは、名探偵を目指す落ちこぼれの成長を描いた、学園ミステリーです。

父親は超有名な名探偵。
そんな父親を見て育った主人公の少年は、自身も探偵を目指すべく、探偵の学校で日々頑張っています。

特に、終盤の推理対決は見事でした。
追い込まれた状況からの、逆転の一手。
アツいです!

探偵養成学校って良いですよね。
と思いましたが、『探偵学園Q』と『シャーロック・ノート』くらいしかパッと思い付きませんでした……。
もしかすると、この作品が"探偵学園モノ"というジャンルを全国的に流行させてしまうかも!?
(私も今から考えておかなきゃ(汗))

父親の行方不明という、大きな謎を残したまま物語は終わってしまいます。
果たして続きはあるのでしょうか?
私、気になります。

★★★ Excellent!!!

天才名探偵を父に持つダメダメ少年が主人公の物語。

最後の推理バトルはとても面白く、どんどんページをめくってしまいました。ライトなミステリーで、楽しく読むことが出来ました。

伏線もありまだ話が広がりそうなので、この先も読んでみたいと思いました。個人的には行方不明になった父の謎が気になって仕方ないです。果たして解決できるのか?主人公修也の成長、そして活躍が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

ミステリを題材に扱った少年漫画はヒット作がいくつかありますが、これはいかにも漫画原作を意図して作られた内容で、非常によく気が配られた設定の作品だと思いました。
一読した個人的な印象としては、探偵版『食戟のソーマ』でしょうか。
探偵養成学園という舞台、マスコットキャラ的な使い魔、放課後の学園公認推理対決、行方不明の偉大な父親、主人公の成長……
と、ミステリジャンルに少年漫画の王道的要素がこれでもか!というほどミックスさせてあって、テキストを読んでいるあいだも終始ヴィジュアル的なイメージを思い浮かべやすかったです。

★★ Very Good!!

 私の中でミステリー小説は「お堅い」イメージがあるのですが、
 この作品は、読みやすい文章、レゾヌマンという「試合形式」の推理バトル、(私的には)マスコット的存在の使い魔、そして作中の主人公の成長など、漫画やライトノベルのような「現代的」な雰囲気を感じました。
 文字数の関係で今回はほとんど出番がなかったキャラクターや回収されていない伏線がたくさんあり、
  これからどのように物語が展開されるのか?どのように主人公が名探偵に成長していくのか?主人公の父が追う謎の結末は?
 期待の要素が盛りだくさんの作品です。

★★★ Excellent!!!

 父の背中を追うように、名探偵になることを夢見る少年二階堂修也。彼は探偵を育成する学園へと籍を置き、勉学に勤しむが……。

 第一話でしゃべる使い魔が登場して、これは一味違うミステリーなのだな、と気持ちを切り替えて再度襟を正す。
 その使い魔が探偵の助手的存在という位置づけがいいですね。更に使い魔達の会話が物語に花を添えて賑やかさを演出しています(⌒∇⌒)
 そして肝心の肝となるミステリー部分ですが、『レゾヌマン』と呼ばれる推理対決がとっても斬新でスリリングっ。バトル小説でもないの手に汗握っちゃいました(>_<)

 この小説はそこで終了。しかし物語は終わらない。
 二階堂修也が行方不明の父親に会うまでは――。
 
 この作品に触れることにより、ミステリーというものを知ることができます。皆さまも是非っ!

★★★ Excellent!!!

探偵を目指す少年の成長物語ではあるものの、そこにファンタジーな要素も取り入れられています。
ミステリ初心者だけでなく、これまでファンタジーを多く読んできた人にも好まれる作品です。
もちろん、法廷ものや推理バトルを好むミステリ好きにとっても、面白いと言える作品だと思います。

相変わらずの高い文章力と世界観の創造は玄人はだしです。
流れるような展開で、読む手を止まらせること無く最後まで導いてくれます。
尊敬する父の不在という少し暗めの設定なのにも関わらず、登場人物たちの掛け合いがそれをグッとライトな感じにしているのも魅力的です。

「物語は始まったばかり」という印象が強く、読了後はどうしても続きが気になりますね。
これで終わりとせず、是非続きが読みたいと思います。

そして、これは私だけかもしれませんが「探偵を育成する学校と、そこを卒業し社会で活躍する名探偵」というシチュエーションのせいか、登場人物の名前に妙に反応してしまったりして・・・。

そういう意味でも、二重に楽しめました。

★★ Very Good!!

非常に面白かったです!

父親との関係や、周囲との人間関係など背景が色鮮やかに見えて、読んでいて気持ちよかったです。設定もしっかり作り込まれていて、納得のゆく内容だったように思います。

一番の盛り上がりである推理対決では、読んでいた私も見事に騙されてしまいました。プロファイリングなどを取り入れた推理には脱帽です。

一つ気になった点を言えば、使い魔の存在です。

魔法が使える世界なのか気になりました。

★★★ Excellent!!!

謎の失踪を遂げた名探偵の父。
そんな父の背中を追って探偵学園に入学した主人公。
だが、偉大な目標に反して主人公自身は探偵としてポンコツで。
父の失踪について手がかりが見つかる中、ついに痺れを切らした教師に退学をかけた推理対決を強制せさられる。

なんとも燃える展開じゃないですか。
見事に読者を煽ってくる話運び、ストーリー構成には脱帽です。

しかし、怖いのはストーリーだけではない。
キャラクター、トリック、どこをとっても完璧な「新連載漫画の第一話」の構成。
そこに加わる一切のムダを感じさせない文章。
背筋が凍るほどの完成度。
正直、少年漫画雑誌に載っていてもまったく不自然ではない。
読めば必ず、「面白い新連載が始まった」と読者は思うことでしょう。

すごい。

ただあまりに「第一話」過ぎる。

ずばり言うと、親父さんの謎を解くのかと思えば、いきなりまったく関係のない推理話が始まってズコーってなりました。
あらすじに書いてあるんだけれども、書いてあるんだけれども!!
それでも私の頭の中はお父さんの失踪の謎でいっぱいだったんだよ!!

まぁ、そこまで思わせるのだから、「第一話」としては最高の出来ですよ。
いやはや、いいもの見させていただきました。

★★★ Excellent!!!

探偵学園の物語で、こんなにも夢中になれた作品は本当に久しぶりでした。
修也の気持ちにどっぷり浸って読ませていただいたのですが、リミットが迫る中での閃きは感動しました。そう、感動を呼び起こさせる事がとても巧い作者様なのです。
私にとっては「探偵の心得」の話を読んだ時の感動といったら。自分の成長への糧とさせて頂きました。
この作品は、「推理小説って読みたいけど、ちょっとついて行かないかも」、という軽い読まず避けをされていらっしゃる方は是非!ほんとうに是非!
ぐっとくるほどのめりこめますので、オススメです。

★★★ Excellent!!!

少年漫画を意識した、成長物語が清々しいミステリーです。

こちらの作家さんの持ち味とも言える、違和感のない真っすぐな美しい文章に、改めて感心させられました。

物語はファンタジー要素をほのかに感じるもので、登場人物(生き物)の会話も楽しい。
架空の学園の世界観も出来上がっており、続編が期待出来るラストになっていました。

レゾヌマン、フランス語で推理という意味だそうです。
伏線や推理も面白く、子供から大人まで楽しく読むことが出来ると思います!

★★★ Excellent!!!

面白かったです。
探偵の学校、使い魔という若年層向けの作りながら、肝心のミステリ要素はしっかり整っていて読みやすかったです。

続き待ってますよーと言って数年、ついに完結。最後のあたりはどんでん返しの連続で、爽やかに見事にしめられた良作でした。
面白かったですよ!

★★★ Excellent!!!

探偵の卵である落ちこぼれの主人公の成長物語。
探偵学園という名に相応しく、推理対決が繰り広げられます。

ミステリーとしても興味をそそられますが、随所に落ちこぼれの主人公を叱咤し鼓舞する名言があります。
一人の学生の成長物語としても楽しめます。

使い魔が居たり、お父さんが行方不明だったり、探偵ランクが存在したり、物語の世界観の広さは魅力的で、続編を希望する読者さまも多いのではないでしょうか。

★★★ Excellent!!!

ミステリーってしっかり書けば書くほど、長編並に文章量が多くなっていくと思うんですよ。
こちらの作品もしっかりとした始まりかただったので、これは中途半端に終わるんじゃないかなと思って読み始めました。

ところが、すごく綺麗に一区切りついたじゃないですか!
しかもメインの謎は残ってて、連載漫画の一話目のような構成となっていました。

スッキリした読後感でありながらも、続きが読みたくて気になる作品です。
楽な気分でミステリーが読みたい方にオススメです。

★★ Very Good!!

学園ミステリーもの。

探偵を育成する専門的なカリキュラムがある学校が舞台の作品。その学校の雰囲気がどことなく魔法学院が登場するライトノベル風であり、とてもとっつきやすい作風でした。登場するキャラクターの性質も合わさり、ラノベや漫画を好む層に受けるのではないでしょうか。

そして起承転結がしっかりしたストーリーラインやストレスフリーで読み進められるテンポのよさなどなど、クオリティの高い作品でした。面白かったです。

完結おめでとうございます。なんだが続編が書けそうな終わり方でしたので、秘かに、そして勝手に続編を期待しております。

★★★ Excellent!!!

推理の才能もないのに、探偵養成学校へ通う内気な少年の、成長物語。

偉大なSランク探偵だった父親の面影を求めて、探偵を志した主人公には、悲しきかな、探偵の素質がありませんでした。

探偵を育成する学校での成績はいつも最低。
ついには退学寸前に追い込まれ、次に行われる推理対決に勝たないと後がない状態です。

…恐らくはこの『推理対決』が、話の肝であり山場なのでしょう。
それまでは切々と主人公の生い立ちや境遇が丁寧に語られ、彼を取り巻くヒロインたちや助手(使い魔)が賑やかに状況を語ってくれます。

ともすれば、目玉の推理対決に突入するまでが長く、漫画の原作ならもっと巻き展開でも良いかなーとも思いますが、順を追って理路整然とキャラクターや舞台背景を描写する作者様の精緻な筆致は、地に足ついた一定のクオリティを感じます。

父の行方はどこなのか。
主人公の名誉挽回はあるのか。
謎めく要素も胸躍る要素も満載です。
カクヨム読者の皆さん、こじゃれた推理で灰色の脳細胞を働かせてみませんか?

★★★ Excellent!!!

主人公の修也はアホだけど、世界観は一級品。

この世界観を上手く使えば名作が生まれる予感が漂っている。

現時点では学校などの簡単な設定、主要人物等の説明を終え、ようやく問題に取り組もうと覚悟を決めた段階。

最初の方で『トリック』に逆ギレしていた修也が、謎とどう向き合っていくのかがとても気になる。

面白い世界観を生み出した作者さんだからこそ、今後ギミックやガジェットをどういう風に活かして問題解決をしていくのかが楽しみな作品である。