名探偵への道

作者 桐華江漢

大きな壁を乗り越えて

  • ★★★ Excellent!!!

ミステリーでありながら、良い意味で少年漫画のテイストを盛り込んだ意欲作。一旦完結していますが、続編も予感させる結末でシリーズ化など今後の展開にも期待が持てます。

「消えた父と息子」を題材としているのがミステリーの謎としても成長物語としても功を奏しています。ミステリーは不利と言われるネット小説界。その大きな壁を乗り越えようと果敢に挑む作者様の姿が重なります。

主人公の修也くんは偉大な父親との再会を果たし、名探偵への道を歩むことができるのか? どうかその結末を、皆様の目でお確かめください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

祭人さんの他のおすすめレビュー 52