The video game with no name

作者 赤野工作

まだ見ぬゲーム史を振り返る、愛溢れるレビュー

  • ★★★ Excellent!!!

私は同世代に比べて圧倒的にゲームをやらずに過ごしてきました。
ドラクエもFFもやったことありませんし、格ゲーもスト2くらいです。あさりよしとおや押切蓮介の漫画に登場するゲームも名前は知っているくらいのがほとんどです。
なので、このレビューという体を取った小説がどの程度「それっぽい」のか、実際のところはわかりません。

ただ、そんな私にもわかるくらいこの作品は我々がまだ見ぬ未来のゲーム業界、そしてそれについて更なる未来人が綴ったレビューを精緻にエミュレートしています。

我々が慣れ親しんだノリを仮想世界に持ち込むというアイディアはさまざまな作品で見られるものですが、それをここまで楽しく実現している作品はそうそうないでしょう。
ゲーム史という視点から魅力的な未来像を面白おかしく鮮やかに私たちに見せてくれる、この作品は素晴らしいSFだと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ヰ坂暁さんの他のおすすめレビュー 33